Contents

【男性編】夏に喪服を着るときのマナーとは?夏用は必要?

喪服について

【男性編】夏に喪服を着るときのマナーとは?夏用は必要?

喪服を既に1着持っていて何度か着たことがある人はおわかりになるでしょうが、真夏になると「暑くて喪服なんて着ていられないのでは」と悩む人も多いものです。 喪服はやや厚手の布地で、シャツの上にジャケットを重ねるタイプですから、気温が30度を超える日に着ると汗だくになってしまいます。 では夏に喪服を着る場合は、どのような暑さ対策ならマナー違反にならないのでしょうか?また、夏用の喪服も用意しておくべきなのでしょうか。詳しく説明します。 【男性編】夏の喪服のマナーをきちんとおさえておこう 気温による暑さについては自然現象ですから、自分では操作をすることはできません。それに葬儀の日付は決まっているので、「涼しい季節に開催しよう」という理由で日程を決めることはできないものです。 そのため、暑さを凌ぐために秋冬の着方とは違う方法で葬儀に出席しても問題ないと考えている人もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。 夏場に喪服を着るときでもきちんとマナーをまもる必要がありますので、ポイントを絞ってご紹介します。 暑くても露出は避けること 気温が高い日に長袖のジャケットやシャツを着るとどうしても暑さを感じるので、少しでも涼しくしようと腕まくりをする人もいるかもしれません。 しかし、葬儀は夏場でも肌を露出することは禁止されているので、腕をまくるのは禁止されています。 普段から仕事でスーツを着ている人は、ついうっかり癖で腕をまくってしまわないよう注意してください。 シャツのみで参列するのはNG ジャケットとシャツを重ねるのが暑いと感じると、ジャケットを脱いでシャツのみで参加したいと思うでしょう。 長袖シャツなら肌を露出していないので、一見マナー違反ではない気がします。しかし、男性の場合はジャケットとシャツをセットで着用することがマナーなのです。 ジャケットの下に着るシャツは半袖シャツでも構いません。ジャケットを脱ぐのはNGなので、そこだけは注意するようにしましょう。 ネクタイは緩めずしっかりと 近ごろはサラリーマンやサービス業でも「クールビズ」で仕事をするのが一般的になってきました。 クールビズでは、夏の間のみジャケットやネクタイを着用せず、シャツ1枚で仕事をします。 では、葬儀の場合はどうでしょうか。言わずもがな、たとえ気温が40度近くになる真夏だとしても、ノーネクタイはマナー違反になるのでNGです。 首元が暑いからと言って、ネクタイを緩めるのも場に相応しくないので、秋冬の葬儀どおり、黒いネクタイをきちんと着用してください。 家を出てからずっとジャケットを着用しないといけない? 夏の葬儀でよく疑問に思われるのが、「家を1歩出たら、葬儀を終えて帰宅するまでずっとジャケットを着ていなければならないのか」という点です。 葬儀会場まで車で行く人はシャツでも問題ないでしょうが、公共交通機関の利用と徒歩で向かう場合、ジャケットとシャツの重ね着ではさすがに耐え難いものがあります。 そのため、会場に入るまで、もしくは受付に並ぶときまでは、ジャケットを脱いでもマナー違反にはなりません。 ただし、半袖シャツの着用は厳密に言うと正装ではないため、会場に着く少し前からジャケットを羽織っておいたほうが、周りの人の目を気にしなくて済むので参考にしてください。 【男性編】マナー違反になってない?夏用の喪服を選ぶときのポイント ここまで説明したように、たとえ酷暑と呼ばれるぐらいに暑い日だったとしても、男性の場合はジャケットとシャツを着用しないと、マナー違反の喪服となってしまいます。 しかし、実は喪服には3シーズン用、つまり春秋冬用のものと、夏用のものと2種類あるのです。夏用の喪服なら3シーズン用の喪服よりも涼しいですから、夏用の喪服を選ぶときのポイントを知って、ぜひ購入しておきましょう。 「夏用」と書かれた喪服を購入する 喪服は3シーズン用がほとんどですが、見た目では夏用のものと区別が付きにくいこともあります。 タグにどの季節用なのか書かれていないこともあるので、パッと見ただけではどれが夏用の喪服なのか分からないかもしれません。 そのようなときは、お店のスタッフさんに質問するか、背中の裏地がついているかどうかをチェックしてみてください。 夏用の喪服は一般的に背中の裏地をなくし、風通しをよくすることで暑さが凌げる構造になっています。背中の裏地がなければ夏用の喪服と判断できますので、迷ったときの判断基準にしましょう。 サイズに少し余裕があるものを選ぶ 夏用の喪服を購入しても、サイズがぴったり過ぎては通気性が悪くなり、裏地がなくても背中部分が蒸れやすいので注意が必要です。 適度に風通しをよくするには、少し余裕があるサイズを選ぶのがポイントです。ただし、あまりに大きいとだらしなく見えてしまうので、普段より1サイズ上ぐらいを目安にするとよいでしょう。 シャツは汗を吸い取りやすい素材のものを選ぶ 通気性がよい喪服でも全く汗をかかないわけではないので、汗を吸い取りにくい素材のシャツを着てしまうと、背中や脇がベタベタしてとても不快です。 そこでおすすめなのが「ポリエステル」を多く含んだシャツとなります。ポリエステルは汗を吸収しやすい編み方なだけでなく、乾きやすいという特徴があるので、大量に汗をかいてもベタつきが少ないのが特徴です。 吸水性は綿のほうが優れていますが、一度繊維が水を含むと乾きにくいというデメリットがあるので、「ポリエステル:綿=8:2」前後の割合のシャツを選ぶとよいかもしれません。 【男性編】喪服は冬用とは別で夏用を持っておくべき 「夏に喪服を着ることになったらレンタルで済ませばよいのでは」と、なかにはこのように思う人もいるかもしれません。 たしかにレンタルで済ませば、そのぶん1回あたりの喪服にかかる費用は削減できます。しかし、夏場の葬儀に2〜3回出席すれば、レンタルを繰り返すより購入したほうが安上がりになるケースがほとんどです。 それに、最寄りのレンタル店に夏用の喪服がなかったとしたら、3シーズン用の喪服を着るしか方法がなくなります。猛暑に分厚い喪服を着ると、暑さに耐えきれず、熱中症になる危険性もあるのです。 そう考えると、やはり夏用の喪服をあらかじめ1着用意しておくのがよいでしょう。できるだけ費用を抑えたいのなら、相場価格より安く販売されていることが多いネット通販がおすすめです。 【男性編】喪服でできる暑さ対策とは 近年は地球温暖化が進み、年を重ねるごとに気温は上昇しています。そのため、夏用の喪服だけでは暑さを凌ぎきれないこともありますので、以下の暑さ対策もぜひ参考にしてください。 喪服でできる暑さ対策 黒い無地の扇子を持っていく ハンカチは汗拭き用として無地のものを追加 保冷剤や冷却シートを使う 冷感タイプの肌着を着用する 扇子は黒くて無地のものなら葬儀の場へ持ち込んでも構いません。涙を拭うようのハンカチ1枚では心もとないですから、汗拭き用に1枚追加し、汗が溜まる不快感を軽減しましょう。 また、見えない部分に冷却シートを貼ったり、保冷剤に無地の黒い布を巻いて持ち込むのもおすすめです。シャツの下に着る肌着は、冷感タイプや速乾性の物を選ぶと汗のベタつきが軽減されるので利用してみてください。 まとめ 夏場でもスーツを着用するサラリーマンの男性は暑さ慣れしているかもしれませんが、そうでないと3シーズン用の喪服で夏の葬儀へ出席するのはつらいものです。 当日に慌てることのないよう夏用の喪服を1着購入し、できる範囲で暑さ対策をして葬儀へ参列しましょう。水分をこまめに補給することも忘れないでください。

女性の喪服を買うならどこ!?方法別のメリット・デメリットを調査

喪服について

女性の喪服を買うならどこ!?方法別のメリット・デメリットを調査

喪服は私服とは違って着る頻度が少ないものです。購入したほうがいいのか、それともレンタルで済ませてもよいのか迷う方は多いのではないでしょうか。 また、購入するにしても実店舗かネット通販のどちらがよいのかも悩みやすいポイントです。 そこで今回は、女性の喪服を店舗で買う場合とネットで買う場合、レンタルする場合の3つの方法のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。 【女性編】喪服を店舗で買うメリット・デメリット 喪服はフォーマルウェア専門店だけでなく、最近はショッピングモールでも購入できるようになりました。 昔に比べると気軽に購入しやすくなりましたが、実店舗で買うメリットとデメリットにはどのような点があるのでしょうか。 喪服を店舗で買うメリット 喪服を店舗で買うメリットは以下のとおりです。 その場で試着ができるので自分のサイズに合った喪服が買える ショッピングモールは喪服専門店より価格が安い 喪服専門店はブランドの喪服もある 喪服専門店はサイズ展開が幅広い 喪服専門店は喪服の知識が豊富なスタッフが多い 喪服専門店とショッピングモールのどちらも、購入前に試着ができるので、自分に合うかどうかを事前にチェックしてから喪服を購入できます。 また、喪服専門店のブランド物の喪服はやや価格が高めですが、ショッピングモールにある量産品の喪服であれば相場より安い価格で販売しているのがメリットです。 そのほか、喪服専門店はブランドものからノーブランドまで喪服の種類が豊富ですし、サイズ展開も幅広いので、たくさんの喪服の中から好きなものを選べます。 喪服の知識が豊富なスタッフが多いのも喪服専門店のメリットですから、初めて喪服を購入するのでわからないことが多い人には心強いものです。 喪服を店舗で買うデメリット 喪服を店舗で買うデメリットは以下のとおりです。 喪服専門店は相場価格よりやや高め ショッピングモールはサイズ欠けしていることが多い セールやキャンペーンの情報が手に入りにくい お店まで足を運ぶ必要がある 喪服専門店は上質な喪服が多いぶん、どうしても相場価格よりもやや値段が高めです。そのため、できるだけ安く喪服を買いたい人には向かないと言えます。 また、ショッピングモールは頻繁に喪服を仕入れていないところもあるため、欲しいデザインの喪服がサイズ欠けしていることもあるでしょう。 そうなると入荷したらまたお店に行かなくてはならず、ただでさえお店へ足を運ぶ時間と手間がかかるのに、二度も行くとなると面倒に感じる人もいるかもしれません。 そのほか、喪服専門店やショッピングモールでセールやキャンペーンをやっていても、ネット通販ほど情報をキャッチしやすくないのもデメリットです。 セール中かどうかは実際に行かないとわからないことも多いため、最も安いタイミングで購入するのは難しいかもしれませんね。 【女性編】喪服をネットで買うメリット・デメリット 近ごろは「服は全てネットで買う」という人も増えてきました。わざわざお店に行く手間が省けるのは、忙しい日々を送る人たちにとってはやはり便利な方法なのです。 そのため、喪服などのフォーマルウェアを取り扱うネット通販サイトも徐々に増えてきたのですが、メリットとデメリットにはどのような点があるのか説明しましょう。 喪服をネットで買うメリット 喪服をネットで買うメリットは以下のとおりです。 相場価格よりも値段が安い お店に行く必要がない 24時間いつでも注文できる 翌日届くサイトもある セールやキャンペーンを利用しやすい ネット通販は実店舗に比べると、従業員の雇用費や店舗の家賃などの経費が少なくて済むので、喪服の価格を安く設定しても採算が取れます。 さらにセールやキャンペーンの情報は通販サイトでチェックできるので、もともと安い価格からさらにお値引き価格で購入できるのです。 また、お店に行く必要がないので隙間時間での購入、24時間いつでも注文できるので、忙しい人でも喪服をゆっくり選べるのがメリットとなります。即日出荷、翌日着荷(一部地域を除く場合もあり)の対応が可能なサイトもありますので、緊急で必要になった場合も安心です。 喪服をネットで買うデメリット 喪服をネットで購入するデメリットは以下のとおりです。 実物を見てから購入できない 試着ができない ネット通販の場合はサイトの画面上でしか商品を見ることができません。素材や細かい採寸表はサイトに載っていますが、試着してからでないと不安という人には向かない購入方法です。 【女性編】喪服をレンタルするメリットとデメリット 「服の保管スペースが少ない」「必要なときに借りるだけでいい」という人は、服のレンタルサービスに馴染みがあるでしょう。 しかし、普段着ではなく喪服となるとまた状況が変わってきます。喪服をレンタルするメリットやデメリットにはどのような点があるのでしょうか。 喪服をレンタルするメリット 喪服をレンタルするメリットは以下のとおりです。 1着にかかる費用が安い 保管スペースが必要ない いろいろなデザインの喪服が選べる 体型が変化してサイズが変わっても問題ない 女性の喪服のレンタル相場は10,000〜20,000円なのに対して、購入する場合の相場価格は20,000〜50,000円ですから、1回のレンタル費用のほうが安く済みます。さらに使ったあとは返却するので、保管スペースは必要ありません。 また、レンタルする度に違うデザインの喪服が着られることや、妊娠や出産で体型が変化し、服のサイズが変わっても影響が出ないのもレンタルのメリットです。 喪服をレンタルするデメリット 喪服をレンタルするデメリットは以下のとおりです。 レンタルを繰り返すと購入したほうが安上がりになることも 希望のデザイン、サイズの喪服がレンタル中の場合もある レンタル店が近場にないことも 1回のレンタル料は購入するよりも安いのですが、何度も繰り返すと、喪服を購入したほうが安上がりになるケースもあります。 また、レンタル店の在庫が少ないと自分に合うものがレンタル中で、ほかの店舗へ行かないといけないこともあるのです。 近場にレンタル店がないと時間をかけて足を運ばないといけませんし、そもそも行ける範囲内にお店がないこともあります。 意外?喪服はあらかじめネットで購入しておくべき理由とは ここまで3つの方法のメリットとデメリットをご紹介しましたが、このうちおすすめなのは「ネットであらかじめ喪服を購入しておく方法」です。 あらかじめの購入なら必要なときに間に合う 相場価格より安く購入できるので節約につながる 店舗へ行く時間と交通費が削減できる などがあります。 ネット通販はその日に喪服を手に入れることは難しいのですが、早くて2〜3日、長くても1週間ほどで届くことが多いので、あらかじめ用意しておくということなら十分に間に合うでしょう。 キャンペーン情報などを上手にキャッチすれば、5,000〜10,000円ほどの低価格で質のよい喪服を購入することも可能です。 店舗へ行く手間が省け、時間と交通費の節約につながりますから、ネット通販は喪服を最も安く購入できる方法と言えます。 まとめ 喪服を手に入れる方法は「店舗で購入」「レンタルする」「ネット通販で購入する」の3種類あり、それぞれメリット・デメリットが異なります。 急ぎではなく、保管スペースに困っていないのなら、ネット通販で購入するのが最も安く買える方法です。 近ごろは質がよくて安い喪服がたくさん販売されているので、時間を見つけて喪服の通販サイトをチェックしてみてください。

女性が夏に喪服を着るときのマナー!暑さ対策も忘れずに

喪服について

女性が夏に喪服を着るときのマナー!暑さ対策も忘れずに

葬儀の場では肌の露出はマナー違反となっているので、どの喪服も長袖タイプになっています。 気温が低い時期は長袖でも問題ないのですが、気温が暑い夏となるとそうはいきません。 近ごろは温暖化の影響で気温が40度近くなる日もありますから、そんなときは喪服をどう着たらよいのか迷う人もいるはずです。 今回は女性が夏に喪服を着るときのマナーについてご紹介するので、いつ気温が高い時期に葬儀へ出席することになってもいいように、あらかじめ勉強しておきましょう。 夏の女性の喪服マナー!冬用を着ても問題ない? 女性の喪服で多いのが、ワンピースとカーディガンがセットになった「アンサンブルタイプ」と、ジャケットとワンピースとシャツの3つがセットになった「3点セット」タイプです。 喪服は露出を避けるためにどれも長袖となっているため、季節感がなく、どれもオールシーズン着られると思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。 多くの喪服が、春と秋と冬の3シーズンに着られるように作られています。ワンピースやシャツは夏でも着られるような薄手のものが多いのですが、カーディガンやジャケットは低い気温でも寒さを感じないように厚手になっているのです。 もちろん、3シーズン用の喪服を夏場に着るのはNGというわけではないので、それしかないというときは着用しても問題ありません。 しかし、気温が30度近くになる季節だと、汗をかいてしまうのであまりおすすめできないです。 とは言え、カーディガンやボレロ、ジャケットを脱いだまま参加するのはマナー違反となってしまいます。 そのため、夏場の葬儀に出席するときに備えて、3シーズン用とは別に、夏用の喪服を用意しておくのがおすすめです。 マナー違反を避けよう!女性用の夏の喪服を選ぶときのポイント 夏用の喪服を購入するときには、いくつかのポイントがあります。マナー違反を避け、真夏の葬儀でも暑さにまいることのないよう、事前にポイントをおさえておきましょう。 ウォッシャブルタイプがおすすめ 喪服の中にはウォッシャブルタイプと言って、クリーニングではなく洗濯機で洗えるものがあります。 夏場に汗をかくと喪服が汗を吸い取ってしまうのですが、1回着る度にクリーニングに出すのは金銭的に躊躇うという人もいるはずです。自宅での選択ならそのような人でも問題ないでしょう。 ウォッシャブルタイプは夏に着用し、自宅で洗濯するように作られているので、3シーズン用より少し薄手で風通しが良いものが多いので検討してみてください。 サイズは少しゆったりめを選ぶ 夏用の喪服を購入しても、サイズがぴったり過ぎるとあまり涼しさを感じません。少し大きめを買うと通気性がよくなり、汗をかきにくくなるので暑い夏場でも快適に過ごせます。 ただし大きすぎるとだらしなく見えてしまうので、2サイズ以上のものは選ばないようにしましょう。 ジャケットのみ追加するという手も ワンピースやブラウスはそこまで厚手ではないなら、ジャケットのみ夏用のものを買うという手もあります。 夏用のジャケットは裏地がないので、通気性がよく、背中に熱がたまりにくいのです。 ただし、手持ちのワンピースやシャツと合わせてもデザイン的におかしくないかきちんと確かめてからにしましょう。 ワンピースタイプは涼しい ジャケットタイプやカーディガンタイプは重ね着をすることになるので、夏用の喪服を選んでも酷暑の時期はそこまで涼しさを感じられないこともあります。 そのため、暑がりの人には長袖でワンピースタイプの喪服がおすすめです。1枚でサラッと着られるので重ね着タイプより涼しさを感じます。 普通の黒いワンピースだとおしゃれな感じになってしまうので、ボレロやカーディガンを着ているように見えるデザインのものを選びましょう。 半袖シャツは着てもいい? ジャケットやカーディガンを上に羽織れば、半袖シャツを着てもいいような気がしますが、葬儀中は基本的に長袖着用がルールなのでNGです。 近ごろは通気性がよく、汗を吸い取りやすい設計にしてあるシャツがたくさん販売されていますので、そのようなシャツを選ぶと蒸し風呂状態になるのを防げます。 女性の喪服はあらかじめ夏用を購入しておくのがよい すでに3シーズン用の喪服を持っている人は、夏用としてもう1着喪服を購入することを悩むかもしれません。 そのため、「夏用だけレンタルすればよいのでは?」と考える人もいるでしょうが、レンタルで済ますと思いがけないトラブルが発生することもあるのです。 たとえば、普段は喪服を持っているのでレンタルする必要がないため、前日や当日になってバタバタとレンタル店へ足を運ぶことになります。最悪の場合、レンタル店に行く時間がない可能性もありますから、そうなると暑さに耐えながら葬儀に出席するハメになるでしょう。 そのほか、レンタル店に行けたとしても、自分のサイズに合う喪服がレンタル中という可能性もゼロではありません。夏用の喪服は夏にしか着られないため、レンタル店によっては、3シーズン用のものより数が少ない場合もあります。 レンタルできないとなると、手持ちの冬用の喪服を着ることになりますよね。暑さに慣れていない人だと、冬用の喪服を着たことで熱中症になる危険性もありますし、周りの人に暑苦しい印象を与えてしまうかもしれないのです。 これらのことを考えると、やはり夏用の喪服は必要で、レンタルではなく自分用で1着購入しておくのがおすすめと言えます。 「できるだけ費用を抑えたい」という人には、ネット通販での購入がおすすめです。ネット通販はスタッフや店舗の光熱費などの経費が実店舗経営より少ないため、そのぶん相場価格より安く喪服を提供できます。 さらにキャンペーンなどで定価より安く買えるチャンスもあるので、喪服にかかる費用が気になる人はぜひネット通販を利用してみてください。 夏に女性が喪服を着るときにおすすめの暑さ対策 夏用の喪服を着用しても、真夏に長袖を着るとやはり多少の暑さを感じてしまうものです。そこで夏服の着用以外でできる暑さ対策をご紹介するので、ぜひこちらも参考にしてください。 髪が長い人はヘアスタイルを工夫する 首回りに髪が張り付いていると、通気性が悪くなるので暑さを感じてしまいます。そのため、髪が長い人はアップヘアにし、首に髪がまとわりつかない状態にしておきましょう。 このとき使うヘアアクセサリーは控えめなデザインで黒色のものを選びます。光沢があるものや派手なデザインのものはマナー違反なので注意してください。 汗を拭く用のハンカチを持っておく 葬儀のときに涙を拭うようにハンカチを持参する人が多いのですが、夏場は汗拭き用として1枚追加で持っておくのがおすすめです。ハンカチはマナーに反しないよう無地のものを選んでください。 黒い扇子を持っていくのはOK 暑さを凌ぐときに使われる扇子は、黒色のものなら葬儀のときに持参しても構いません。ただし、堂々と仰ぐと周りの目が気になるでしょうから、控えめにパタパタと揺らす程度がおすすめです。 まとめ 喪服は春秋冬と3シーズン用のものが多く、暑さの厳しい真夏に着用するのには向いていません。夏に冬の喪服を着ることはマナー違反ではありませんが、暑さを我慢すると熱中症になる危険性もあります。 そのため、ウォッシャブルタイプの喪服や薄手のジャケットを購入し、少しでも暑さを凌げる服装を選びましょう。 夏用の喪服はネット通販で安く購入できることが多いので、購入する人は一度調べてみてくださいね。