Contents

【レディース】センスのいい喪服8選を紹介!デザインの選び方からお葬式でのマナーまで

ブラックフォーマルについて

【レディース】センスのいい喪服8選を紹介!デザインの選び方からお葬式でのマナーまで

法事で着用する喪服はマナーを守ることが肝要ですが、数多くの人と顔を合わせる場でもあるので、マナーの範疇でセンスがよく見えるアイテムを選びたいと思う方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?ここではセンスのいいレディース喪服の選び方を年代別にご紹介します。いつ使用機会が訪れるかわからないものですので事前に用意しておくことが大切です、ぜひ参考にしてください。 女性の喪服は3種類 まずは女性の喪服の種類について確認しましょう。 喪服は葬儀の際に着用され、黒や薄墨色が一般的です。 正喪服、準喪服、 略喪服(略式)の3つに分けられており、場面に応じたふさわしい服装を心がけることが大切です。 礼服は冠婚葬祭などのときに、敬意や威厳を表すために着用します。 フォーマルウェアとも呼ばれており、服によって格式が異なる点があります。 正喪服 正式の喪服である正喪服は、もっとも格式の高い装いです。正喪服の洋装に加えて、和装を着用することも多くあります。 色は必ず黒で、光沢感のない素材で無地のワンピースやアンサンブル、スーツが基本です。 派手な装飾がなく、体のラインが出ない、えり元のつまったできるだけシンプルなデザインが良いでしょう。 夏でも長袖か、肘が隠れるくらいの袖丈があるものが好ましいでしょう。 スカートの丈は短くてもひざの隠れるひざ丈から、くるぶし丈などにして肌の露出を最小限におさえて、透ける生地は避けましょう。ストッキングは黒無地のものを使用します。 スーツを着用する場合、ブラウスも黒いものを。白や色柄のあるものは着ないように 準喪服 基本的に、黒無地や地味目の織り柄、光沢や透けすぎていないものなど、正喪服に準じた素材やデザインがベスト。 派手にならない程度の部分使いであれば、夏はレース素材や、冬にはベロアやベルベットなど、季節感のある素材のものでも可です。 黒のワンピース、スーツ、アンサンブル、パンツスーツなど。スーツの場合、インナーは黒 略喪服 略喪服は、急な弔問(仮通夜)、三回忌以降の法要で一般の参列者が着る、準喪服に準ずる喪服で礼服ではない地味めな服装です。 お通夜や葬儀、告別式では、正式な喪服を着用する必要があります。 しかし、仮通夜などは訃報を聞いて駆けつけるものなので、喪服を着用して行ってしまうと、前もって死の準備をしていたようで不適切だとされ、取り急ぎの場面では略喪服を着用することがマナーとなりました。 葬儀参加時の喪服のマナー 何故マナーとして黒なのか 黒色は多くの文化や宗教で喪に関連付けられています。喪に服する際には、悲しみや喪失を表す色として黒が選ばれることが一般的です。この伝統は、多くの社会で数世紀にわたって続いてきました。日本でも、故人やその家族に対する敬意や、葬儀の場における控えめさを示すための慣習として捉えられています。 日本の文化では、黒は悲しみや哀悼を表すだけでなく、清潔さや品格も象徴します。そのため、葬儀での黒い喪服は、喪家や亡くなった方に対する敬意を表すと同時に、清潔で品格のある服装としても捉えられます。 肌の露出を抑える 葬儀は故人やその家族に対する敬意を表す場であり、また亡くなった方の喪失に対する悲しみを共有する場でもあります。そのため、葬儀の服装は控えめであり、肌の露出を抑えたものが適切とされます。具体的にはノースリーブや胸元の開いているファッションは避け、 スカートも座った時に膝が隠れるものを着用することが求められます。 きらびやかな装飾品を避ける 葬儀では派手な装飾品やアクセサリーを避けることが一般的です。 例えば一般的にはサテンやシルクなどの素材は葬儀には相応しくありません。また、服の一部に光沢感のあるボタンやベルトが付いているアイテムも避けるようにしましょう。 清潔な身だしなみ 清潔な身だしなみは葬儀や告別式において非常に重要です。服装や髪型、メイクなどの外見だけでなく、手や爪の清潔さも重要です。また、香水やコロンなどの強い香りは避けるべきです。清潔感のある印象を与えることで、故人やその家族、参列者に対する敬意を表すことができます。そのため、葬儀や告別式に参加する際には、身だしなみに細心の注意を払い、清潔感を保つよう心がけましょう。 センスの良いレディース喪服の選び方 年代にあったものを選ぶ 年齢に応じた服装は、その人の社会的地位や個人の品位を表す重要な要素です。特に葬儀のような厳粛な場面では、適切な服装を選ぶことが礼儀として求められます。年齢に合った服装を選ぶことは、その人の社会的責任と尊重の表れとなります。 例えばリボンなどの装飾が付いたものは比較的若い年齢の方だと違和感なく着こなせるでしょう、年齢を重ねるにつれシンプルな喪服が好まれる傾向にあります。一般的に葬儀の場は、自分の個性、パーソナリティよりも故人に対する敬意を優先させる必要があります。 体型にあったものを選ぶ 喪服であるという観点から体のラインが強調されるようなタイトすぎるものはNGですが、逆にゆとりがありすぎるものも野暮ったくセンスという面では評価できません。 加齢により体型の変化があるので、定期的に今もっている喪服を試着して着用可能か確かめる必要もあります。 購入の際には、自分のあうサイズ、号数を把握したり、ECサイトのモデルの着用サイズ等を参考にするのも良いかもしれません。 また、最近は体型をカバーできる喪服も豊富に登場しています。お腹やお尻周りの体型が気になる方は、体型カバー効果のある喪服を選ぶことでセンスのいい着こなしができるでしょう シーズンにあったものを選ぶ 一般的に衣服は季節によって気温や湿度が異なるため、季節に合った素材やデザインの服を選ぶことで、快適さを確保できます。例えば、夏場は通気性の良い素材や涼しい色の服が適していますし、冬場は暖かい素材や重ね着が必要です。 葬儀の場でもマナーの範疇で季節にあった服装が求められます。礼儀や習慣に則り、喪服を着用することは敬意を表す行為です。季節に合わない服装を選ぶと、場の雰囲気にそぐわない印象を与えてしまう可能性があります。季節に合った服装を選ぶことで、周囲との調和を保ちつつ、適切な印象を与えることができます。 着用して気持ちが良いものを選ぶ 葬儀や告別式は敬意を表す場であり、適切な服装はその一環です。しかし、その中でも着心地の良い服装を選ぶことで、敬意を表しつつも自分自身の快適さも確保できます。長時間着用が予想される場合は自分にとってストレスの少ないものを着用することで、悲しみの場を少しでも過ごしよくすることができるでしょう。 また着心地の良い服装は、自信を与え、内面の落ち着きをもたらします。特に、悲しい出来事に直面する場面で、自信と落ち着きを持って対応することは大切です。 20代におすすめのレディース喪服 若々しく見える可愛らしいデザインの喪服が似合う年代です。センスのいい着こなしをするには、全体的に上品にまとめつつも、シルエットやリボン等の装飾で可愛らしさを取り入れましょう。 ・ノーカラーアンサンブル(02P01157)   ジャケットとワンピースの切り替えと取り外し可能なリボンには上品な光沢のあるサテンを使用し、上品に美しく着こなせる喪服です。 ジャケットの袖口は折り返し可能なスリット入り仕様になっております。 生地は仕立て映えのよい経二重織り素材を使用しています。 ・ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル ワンピース 02P33142 ジャケットはクセのないノーカラーで、取り外し可能なリボンがついています。袖口は折り返し可能なスリット入りで急なお手伝いにも対応できます。 ワンピースは左前ファスナー開き仕様になっていますので着脱がしやすく楽に着られます。幅広い年代の方が着ることができ、長い間お召しいただけるクセのないデザインが特長です。 ジャケットとワンピースの切り替えには上品な光沢感のあるサテンを使用しておりアクセントになっております。 生地は仕立て映えのよい二重織り素材を使用しています。 30代におすすめのレディース喪服 30代は社会経験も培い落ち着いてきている時期だと思いますのでシンプルかつ大人っぽい喪服を選ぶことで、センスの良い着こなしが期待できます。 モノワールの30代におすすめのレディース喪服はこちら ・ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル ワンピース 02P01159 縦二重素材を使用。程よい膨らみ感と仕立て映えの良い二重組織の生地は、落ち感が良く美しいシルエットを表現。 ワンピースの袖に透明感のある薄地の素材、シフォンを使用しました。また上品な光沢感のあるサテンをアクセントに使用しました。 ノーカラージャケットとワンピースのセットはクセのないデザインで、年代を問わずどなたでも上品に着こなせます。 ※製造ラインの違いにより、「02P73190」という品番も混在しておりますが 、「02P01159」と同じ商品になります。 ・アンサンブル(ロングジャケット&レース使いワンピース) net-011 ロングジャケットとレース使いワンピースのアンサンブルです。 ロングアンサンブルは縦長効果があり、すらりとした印象に。また、ワンピースにはレースを使用しており、華やかさを演出します。 ご家庭でお洗濯ができますので経済的です。また見えない裏地部分には、消臭・抗菌テープを縫い付けております。においも気にならず、清潔に安心して長くご愛用いただけます。 40代におすすめのレディース喪服 40代は体型の変化が起こりやすい時期でもあります。上品さをプラスすることを意識するとセンスが良い着こなしができると考えます。 モノワールの40代におすすめのレディース喪服はこちら ・テーラー1釦アンサンブル (232003) ポケット口にサテンを配したベーシックな1釦テーラーアンサンブル。ワンピースの両脇にジャケットと同じサテンを使用したデザインがアクセントになっています。 ワンピースは隠し前開き仕様で、着脱を容易にします。ジャケット袖口は折り返して着用が可能です。ウォッシャブル対応です。 ・アンサンブル(ミニスタンドカラージャケット&シンプルワンピース)02P03169 50代におすすめのレディース喪服 50代になると実際に多くの葬儀に参加する機会がある方も多いです。体に負担がかかることも若い時と比べ多いため、着心地の良さも重要になってくると思いますが、上質な生地の喪服を着用することでセンスを保てると考えます。 モノワールの50代以降におすすめのレディース喪服はこちら ・ヘチマカラージャケットアンサンブル (net-105) 吟味した素材を使用し、葬儀、通夜、法事まで対応できます。 流行に流されず、永く着られる正統派デザインです。 ワンピース単体でも、夏の葬儀、法事等にと幅広く、活躍します。 オールシーズン対応です。ご家庭でお洗濯ができますので、経済的です。 安心して長くご愛用いただけます ・リボン付きアンサンブル(net-112) サテン使いのエレガントなワンピースと、縦ラインのサテン使いがシャープな印象を与えるジャケットのアンサンブルです。 アクセントのリボンは取り外し可能です。外せばシンプルにご着用して頂けます。 ご家庭でお洗濯ができますので経済的です。 センスの良いレディース喪服のまとめ いかがでしたか?センスとはマナーを守ったうえで年齢や体型、季節も考慮して選ぶことが大切です。ワンピースやスーツなど喪服にも種類が思ったよりもありますので、自分にあったものを探してみてください。センス良く上質なものを着ることにより、悲しみでかかるストレスを少しでも軽減できれば良いと思います。

夏の喪服はジャケットなし・ワンピースのみでもOK?注意点やおすすめ商品を紹介

ブラックフォーマルについて

夏の喪服はジャケットなし・ワンピースのみでもOK?注意点やおすすめ商品を紹介

葬儀に参列する場合、夏の暑い時期にはジャケットなしのワンピースの着用のみでも大丈夫なのでしょうか。喪服のなかには耐寒性に優れているものもあるため、きちんと素材や機能性について考慮しないと、暑い時期には適さない場合があります。喪服についてもいくつか種類があるため、どのような喪服がよいか知っておくことは重要です。 今回は、お通夜や葬式でジャケットなしのワンピーススタイルについて解説します。ワンピースの喪服で着用すべきポイントやおすすめの商品も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 夏の喪服はワンピースだけでOK? 夏の暑い時期は、ジャケットを羽織らずワンピースだけでも問題ありません。基本的にはジャケットを羽織ることが推奨されますが、近年のクールビズの考えからワンピースのみでも許される傾向にあります。クールビズはビジネス現場だけでなく、冠婚葬祭などのイベントごとにも適用されるため、ジャケットが必ず必要ということはありません。 ただし、ワンピースのみの喪服スタイルの場合はいくつか注意があります。葬儀やお通夜でのマナーを知らないで周りに迷惑をかけないためにも、適切な服装について知っておきましょう。 ジャケットなし・ワンピースで出席する場合の注意点 スーツタイプやアンサンブルタイプなどいくつか種類がありますが、体型を気にする方や妊娠中の方はワンピースタイプを着用したほうがよい場合があります。ただしジャケットなしのワンピーススタイルの場合は、露出に気をつけなければいけません。それ以外にもいくつか注意点があるため、以下の点を意識して適切なワンピースを選びましょう。 袖の長さに注意する ワンピースの場合は、袖の長さに気をつけてください。ワンピースタイプはサイズ感やデザイン選びで失敗すると、葬儀やお通夜に全く適さないスタイルになります。とくに半袖のワンピースを選ぶ際は、袖の長さを意識しないと露出度が高めになってしまうため注意が必要です。露出を少なくするには、5分丈以上のものを選ぶ必要があるため、ご自身の体型にあうものを探してください。 丈は着席時に膝が隠れる長さが目安 スカートの丈の長さは、座ったときに膝が隠れるぐらいのものにしましょう。立っている状態であれば、ふくらはぎに丈がかかるぐらいの長さがちょうどよく、あまりにも短すぎるワンピースはカジュアル度が高いため、葬式やお通夜では適していません。 胸元の空き具合に気を付ける 生地の薄いワンピースの喪服を選ぶ場合は、胸元の空き具合に注意してください。ジャケットなしの場合は、首回りが強調されるため胸元があいているものは適していません。上品さを演出したい場合は、パールのネックレスを身につけることでエレガントさを演出できます。 【露出の少なめのおすすめのワンピースの喪服はこちら】 ゆったりサイズ ブラックフォーマル ワンピース 02L93202 https://monoir.jp/collections/onepiece/products/02l93202 エレガントな上品さのあるワンピースで、袖や丈の長さ、露出度がちょうどよいバランスの喪服です。それほど生地も薄くないため、ジャケットなしでも問題なく着用できます。ゆったりとしたサイズ感にゆとりのある、エレガントなワンピースの喪服を探している方に適しています。 ワンピースタイプの喪服を選ぶメリット 喪服にはスーツタイプやアンサンブルタイプ、ワンピースタイプなどがあります。なかでもワンピースタイプを選ぶ方が多く、どのようなメリットがあるか具体的にみていきましょう。 窮屈さがなく着心地が良い ワンピースタイプは、スーツの喪服に比べるとリラックスして着用できます。ゆったりとしたサイズ感のため、夏場には適したスタイルといえます。夏場だけでなく通年着用できるワンピースでもあるため、少し寒い時期にワンピースを着用する場合はオールシーズン対応のものを選べば問題ありません。 妊娠中・授乳中にも対応可能 妊娠中、授乳中の方にもワンピースの喪服は適しています。スーツの喪服は窮屈感があるため、妊娠中の方は長い時間着用するのは難しいです。ですが、比較的サイズ感のあるワンピースを選べば、圧迫感が少ないためストレスをかけることなく葬式に長時間滞在できます。 体型カバーができる ワンピースの喪服は、体系をカバーできます。サイズに少しゆとりをもたせられるので、全体のシルエットが隠れ全体の体のラインが見えにくくなります。またゆとりのあるワンピースは、通気性も上がるため夏場の暑い時期にも涼しく過ごせます。ぴっちりしたスーツが苦手な方は、サイズ感を意識してワンピース型の喪服を選びましょう。 ただしジャケットは用意しておくと◎ ジャケットを着用せず、ワンピースの喪服のみでも問題ないと解説しましたが、葬儀に参列する場合はジャケットを持っておいたほうがよいでしょう。なぜなら葬儀の服装については人によって考え方が異なるため、ジャケットが必要になる場合があるからです。また暑い夏場でも、会場の空調の温度が極端に低い場合も考えられるため、ジャケットを1着用意しておけば寒い場合でもすぐに羽織れます。 夏の喪服選びのポイント 夏は年々気温が上昇しているため、夏場に適した快適なスーツを選ぶことは重要です。スーツタイプの喪服は通気性を感じられないものもあるため、暑苦しさを感じる場合はジャケットを羽織らないスタイルがよいでしょう。ジャケットが不要な以外にも、夏の喪服を選ぶポイントがあるため確認してください。 夏向けの素材を選ぶ 夏向けの喪服を選ぶ場合は、素材を意識しましょう。喪服にも耐寒性が高いものや通気性が高いものなどがあり、素材が変われば体感温度が大きく変わります。冬の寒い場合は、ウールやカシミアのような風を通さないものがよく、夏場の暑い時期にはサップ生地の喪服がおすすめです。サップ生地は、吸収性や撥水性、通気性が高いため湿度や温度が高い時期でも問題なく着用できます。 ただし夏用の喪服を選ぶ際は、生地の薄さに注意してください。汗をかくと透けてしまう場合があるため、色や生地の薄さも考慮して選ぶ必要があります。   【新規取り扱い予定の夏物商品(3品番)はこちら】 https://monoir.jp/products/02j62256 https://monoir.jp/products/02j12207 https://monoir.jp/products/02p92282 セットアップ風タイプを選ぶ 葬儀に着用していく服装では、セットアップ風のものもおすすめです。ワンピースのなかにはジャケットと一体化した喪服もあるため、ジャケットを着用しなくても違和感がありません。セットアップ風の喪服は全身のバランスに一体感があるため、コーディネートが苦手な方にとくにおすすめです。 【セットアップ風のおすすめはこちら】 https://monoir.jp/products/02j11165 こちらは立ち襟が美しくエレガントな印象のジャケットで、両脇にポケットが付いているため小物類も収納できます。着心地のよさとシルエットを追求したい方におすすめです。 汗が気になる場合はウォッシャブルタイプを選ぶ 夏場の汗が気になる方は、ウォッシャブルタイプの高機能のものを購入しましょう。ウォッシャブルの喪服のなかには自宅で洗えるものもあり、わざわざクリーニングに出さなくてもよいです。頻繁に喪服を使用することはないかもしれませんが、わざわざ葬儀があるたびに、クリーニングに出すのも手間がかかります。かといって、夏場の葬儀では必ず汗をかいてしまうため、喪服を手入れする必要があります。クリーニングに出したり、すぐに洗ったりしたい方はウォッシャブル対応の喪服を選びましょう。   【オールシーズン対応のおすすめはこちら】 https://monoir.jp/products/232001 こちらはすっきりとした印象でどの年代の方でも相性抜群です。オールシーズン対応なので、1着持っておけば一年中着回しができます。ドライクリーニングも可能なので、シーズン終わりにはクリーニングに出すことも可能です。 夏におすすめの喪服を紹介 夏場の喪服を選ぶには、袖や丈の長さやデザイン性、上品さ、機能性などあらゆる点を考慮する必要があります。ご自身の希望する特徴を抑えて選ぶ必要があるため、夏場に適した商品を参考に購入しましょう ロング丈のジャケットでスッキリしたシルエット ブラックフォーマル アンサンブル ワンピース mnw002 https://monoir.jp/products/mnw002?_pos=6&_sid=e5e48dcab&_ss=r ロング丈のジャケットで、全身のシルエットをすっきりしたい方におすすめです。ジャケットは自由に着脱可能なので、状況によってジャケットを脱げるのがよいでしょう。シンプルなデザインですが、高級感ある肌ざわりなためフォーマル感ある印象を与えます。 ノーカラーのシンプルなアンサンブル ブラックフォーマル アンサンブル ワンピース mnw005 https://monoir.jp/products/mnw005?_pos=12&_sid=e5e48dcab&_ss=r シンプルなアンサンブルタイプの喪服で、取り外しができるリボンがかわいらしさを演出します。また幅広い年齢層でも着用できるシルエットなため、どんな方でも着こなしやすいのが特徴です。ジャケットを脱いでワンピースのみでも違和感がないため、通年通して着用できるのがメリットです。 エレガンスなデザインで大人な印象 (セルニーナ) Cellnina 喪服 レディース 礼服 ゆったりサイズ ティアード ブラックフォーマル ワンピース オールシーズン FX8P067A ブラック 濃染加工 https://monoir.jp/products/fx8p067a?_pos=36&_sid=9dae2d127&_ss=r 大人な印象を与えられるエレガンスな喪服です。サイズ感もゆったりとしているため、体系が気になる方でも問題なく着用できます。サイズに余裕があるため、長時間の葬儀やお通夜でも疲労感をためることなく過ごせるのがメリットです。ワンピースは長袖タイプなので、露出度をそれほど気にする必要もありません。 前開きファスナーで授乳中にもおすすめ (セルニーナ) Cellnina 喪服 レディース 礼服 ゆったりサイズ 前開き 授乳 アンサンブル風 ブラックフォーマル ワンピース オールシーズン FX8P068A ブラック 濃染加工 https://monoir.jp/products/fx8p068a?_pos=44&_sid=9dae2d127&_ss=r 前向きファスナーで、着脱が容易にできます。気軽にジャケットを着脱できるため、小さなお子様が授乳中の方はとくにおすすめです。サイズもゆったりとしているので、妊娠中の方もストレスなく着用できるでしょう。サイズが大きいものはカジュアル感が高くなる傾向にありますが、こちらの喪服はフォーマルなデザインなので問題ありません。 ラッセルレースを使用した上品なデザイン ブラックフォーマル スーツ3点セット ジャケット ブラウス パンツ mn003 https://monoir.jp/products/mn003?_pos=46&_sid=9dae2d127&_ss=r 上品なスーツタイプを探している方におすすめです。ラッセルレースを使用した喪服なため、上品な印象を与えられます。ジャケットはフリルがついていて、パンツも細身のタイプなのでスタイリッシュさが際立ちます。夏場にはジャケットを脱いだ状態でも違和感がないため、通年を通して着用できるでしょう。 まとめ 今回は夏の適した喪服について解説しました。喪服を選ぶ際には、ワンピースだけの着用でも問題ないため、葬儀やお通夜に適した服装を探せばよいでしょう。ただし空調が寒かったり、体調を壊したりすることも想定されるため、ジャケットを1着持参するのが無難です。夏の時期には汗をかいたり、ジャケットを脱いだりする機会が多いため、涼しさを感じられる喪服選びが重要といえます。 喪服によっては素材がそれぞれ異なるため、サップ生地のような夏場に適したものを選ぶ必要があります。また洗濯できるウォッシャブル対応のものや伸縮性が高いものもあるので、ご自身が必要とする機能性も意識して選びましょう。今回の喪服の選び方の注意点やおすすめの商品紹介を参考にして、ご自身のほしい喪服を探してください。

葬儀における喪主の服装は?男性・女性・子供別のマナーを解説

喪服について

葬儀における喪主の服装は?男性・女性・子供別のマナーを解説

はじめて喪主を経験する方にとって、葬儀のマナーや適切な服装について理解することは重要です。葬儀における服装にはいくつかマナーがあり、葬儀の顔となる喪主が適切な服装を心がけないと葬儀が引き締まりません。喪主は男性だけでなく、女性や子供も担当する場合があり、立場に応じてきちんとした行動をとらなければいけません。 そこで今回は、葬儀における喪主の服装で気をつけるべき点や、マナーについて解説します。周りに迷惑をかけないように事前に葬儀についての立ち振る舞いについて理解しましょう。 喪主が女性の場合の葬儀の服装とマナー 喪主が女性である場合の葬儀のマナーや服装について解説します。服装だけでなく小物類も紹介しますので、葬儀の適切なふるまいについて確認しましょう。 洋装 現在では洋装スタイルが主流です。一昔前までは、女性が喪主である場合は和装で参列することが多い傾向にありましたが、現在ではあまりみられなくなりました。和装を着用したいという方もいますが、洋装か和装か迷った場合は洋装を選ぶのが無難です。そこで女性が着用すべき洋装について2つ紹介します。 スーツ スーツを選ぶ場合は、黒のフォーマルなスーツが適しています。スーツだけでなく、ブラウスやシャツ、靴なども黒色で統一するのが基本的なスタイルです。スーツを着用する場合は、裾の長さや袖の長さに注意する必要があります。また、冬の寒い時期にはジャケットを着用してもよいため、葬儀に適した保温性の高いジャケットを1着持っておくのがよいでしょう。 【女性のおすすめのスーツはこちら】 ジャケット&パンツスーツ 2点セット net-019 https://monoir.jp/collections/suit/products/net-019 ジャケットとパンツの2点セットです。シンプルなデザインですが、上品さも兼ね備えているため、小物アイテムとも組み合わせやすいです。また自宅で洗濯可能なため、線香の臭いなどが気になる方におすすめです。 アンサンブル アンサンブルはジャケットとワンピースがセットになっており、光沢の少ない黒のアンサンブルを選べば問題ありません。ただし、ワンピースの丈の長さを意識する必要があり、あまりにも短すぎるものは葬儀には適しません。基準としては座った際に膝が隠れる長さがちょうどよく、アンサンブルを着用する場合は色合いだけでなく、サイズ感にも注意して選んでください。   【アンサンブルのおすすめはこちら】 https://monoir.jp/products/fx6p060a こちらは着脱のしやすいアンサンブルです。前ファスナータイプで脱ぎやすく、スーツ風にも見えるため、フォーマルな式典で着用される方が多いです。 洋装のマナー 葬儀に身につけていく小物類にもいくつかマナーがあります。葬儀でふさわしくない格好をしないためにも以下の点について確認してください。 アクセサリー アクセサリーを身につける場合は、動物の皮を利用したものや派手すぎるものはNGです。全身黒色で統一するのが一般的なため、強調する色合いのアクセサリーはものすごく目立ちます。そのため、アクセサリーはパールで作られているものがよく、もしイヤリングやネックレスなどがパールならば、全身のスタイルにまとまりがでます。 【アクセサリーのおすすめはこちら】 日本製フォーマルマグネットネックレス イヤリング 2点セット イケチョウ貝 シェルパール kp8mn01 ホワイト https://monoir.jp/collections/necklace/products/kp8mn01 パール素材のネックレスとイヤリングの2点セットです。お手ごろな価格ですが、高級感あるアクセサリーなので上品さを演出したい方におすすめです。ネックレスはマグネット式なので着脱しやすいのもメリットです。 バッグ バッグは、つやのない黒い小さめのバッグを選びましょう。アクセサリー同様に、動物の殺生をイメージさせるワニの革などは避ける必要があります。持ち運びしやすい軽めのバッグで、かわいらしいデザインものが女性には人気です。 【葬儀における女性のおすすめのバッグはこちら】 喪服用 フォーマルバッグ 9118 3点セット https://monoir.jp/collections/bag/products/9118 バッグは軽くて取手がついているため持ち運びしやすいです。またダブルリボンがついており、上質な肌触りのため高級感があります。メインのバッグだけでなく、サブバッグと袱紗もついている3点セットなのでおすすめです。 ストッキング ストッキングは、黒色のデニール数が20~30のものを選びましょう。30以上のデニール数のものはカジュアル度が高くなるため、葬儀やお通夜ではデニール数が低いものが適しています。素足が見えるのは基本的にはマナー違反となるため、デニール数も意識してストッキングを選んでください。 シューズ シューズは黒のパンプスを選ぶのがよいです。茶色やグレーなどのダーク系ではあまり葬儀には適していないため、基本的には黒色のパンプスを履きましょう。またパンプスを選ぶ際には、ヒールの高さにも注意してください。あまりにもヒールが高すぎるものは目立ちすぎるため、ヒールの高さは5センチ未満が適切です。 ただしヒールがないシューズなどはカジュアル度が上がるため、3センチ以上の5センチ未満のヒールのあるパンプスが葬儀に適しています。 メイク・ヘアスタイル メイクやヘアスタイルも派手すぎないようにしましょう。ジェルなどをつけすぎた派手すぎるヘアスタイルは葬式では適しておらず、反対にヘアスタイルを整えていない寝癖がついた状態もよくありません。メイクも同様に、濃い化粧は葬儀に適していませんが、ノーメイクも失礼にあたります。 メイクやヘアスタイルは、ナチュラルを意識することが重要で、自然な清潔感ある落ち着いた印象を意識して、華やかになりすぎない身だしなみにしてください。 ネイル ネイルを付けている方は、葬儀の場合は外すのが無難です。派手なネイルをしている方で、どうしても落とすことができない場合は、黒い薄い手袋などを身につけて隠す方法もあります。 和装 以前までは和装を着用される方が多かったですが、現在では準喪服を選ぶ方が増えています。もし和装を着用したい方は、五つ紋の黒の無地のものが一般的で、もし和装の喪服を持っていない場合はレンタルを推奨します。 小物類や着物のレンタルに加えて着付けを行ってくれる業者もあるため、和装を持っていない方はレンタルして準備しましょう。 喪主が男性の場合の葬儀の服装とマナー 喪主が男性の場合の服装や葬儀のマナーについて解説します。 洋装 喪主を務める場合、和装や正喪服を着用される方もいますが、近年では準喪服を選ぶ方が増えています。正式な正喪服で喪主を務めたい方は、モーニングがおすすめです。家族葬ではブラックスーツなどの準礼服を選ぶ方が多く、喪主だからといって正喪服を着用しなければならないわけではありません。しかし、ビジネススーツなどの光沢あるカジュアルなスーツは葬儀には適していないため注意が必要です。 洋装のマナー 洋装はブラックスーツが主流で、全体のバランスも黒に統一するのが一般的です。それ以外にも小物類にはいくつかマナーがあるため、どのようなマナーがあるか確認しましょう。 シャツ シャツは、白色の無地のものを選んでください。シャツは白色を着用しても問題ありませが、青色や薄いピンク色などのカジュアル性の高いシャツは避ける必要があります。また会社の白色の無地のシャツを着用する場合は、汚れやシワがないかを確認してください。あまりにも汚れているシャツは目立つため、洗濯するか新しく購入してから葬儀に参列しましょう。 ネクタイ ネクタイは、黒色の光沢のない無地のものを選びましょう。柄のあるものや華やかなものは葬儀には適しておらず、シンプルな黒のネクタイを身につけて参列してください。ネクタイをつけずに参列される方もいますが、基本的には喪服にネクタイをつけるのがマナーです。 ベルト ベルトは、動物の革を連想されないものを選びましょう。牛革などは身につけても問題ないですが、ワニやヘビ革などのベルトは避ける必要があります。色は黒色の光沢のないもので、比較的シンプルなものを身につけてください。 靴下 靴下は、黒色の素足が見えない長さのものを履きましょう。普段履くようなくるぶしまでの靴下は基本的にNGです。スーツの裾で隠れるため油断しやすいですが、靴を脱ぐ機会があるかもしれないため見えない部分でも気を抜かずに意識しましょう。 シューズ シューズはシンプルな黒の革靴を選び、革靴でも金具がついた目立つ物は避けてください。シューズにもいくつか種類がありますが、もっとも人気なのは、ストレートチップの内羽根式のものです。内羽根式のタイプは気品のあるシューズで、フォーマルな式典である葬儀に適しています。 ネクタイピン・カフス ネクタイピンとカフスは、基本的には身につけないのが一般的です。葬儀では目立つようなものは身につけるべきではないため、結婚指輪以外の光沢のものは外していきましょう。どうしても身につけたい場合は、光沢の少ない黒色のものを選ぶのがよいです。 ヘアスタイル・ひげ 葬儀では清潔感が大事なため、ひげは剃ってヘアスタイルは整えてから参列する必要があります。ただし、ヘアスタイルは整髪料によっては光沢が出てしまうため、光沢の少ない整髪料を使用してください。 和装 男性で和装を着用する方は、紋付羽根織袴が一般的です。近年では正喪服である和装を持っていない方が多く、喪主であっても準喪服を着用する方が増えています。参列者をおもてなしするために、正喪服を着用したい方はレンタルがおすすめです。 子供が喪主の場合の葬儀の服装とマナー ご両親がいない場合、子供が喪主になるケースがあります。子供が喪主になった場合のマナーについて確認しましょう。 マナー 子供が喪主になった場合の服装は、学校の制服を着用してください。学校の制服が少し明るめのものでも問題ありません。もし大学生などで制服がない方は、大人と同じ服装を選ぶ必要があり、もし持っていない場合はレンタルするか購入しなければいけません。 小学生で制服がない男の子場合は、襟の付いた白のシャツに黒のズボンを履くのが一般的です。女の子の場合は、黒のワンピースや黒のスカートに白のシャツを合わせるのがよいでしょう。 葬儀で喪主が必要な持ち物は? 葬儀で喪主が必要な持ち物について解説します。 数珠 葬式では数珠を持っていくのが基本です。数珠にもいくつか種類があり、本式数珠と略式数珠の2パターンあります。宗派によって使い分けるべきとされているため、ご自身に適した数珠を準備しましょう。数珠の貸し借りはマナー違反であるため、必ず自分専用の数珠を用意してください。 ハンカチ ハンカチは、白もしくは黒のシンプルなものを選んでください。目立たないのであれば少し柄の入っているものでも問題ありません。 袱紗 喪主の場合は、紫色の台付袱紗を選びましょう。袱紗にもいろいろ種類があるため迷いますが、金封袱紗は簡易的なものであるため喪主の方には適していません。 ペン・メモ帳 喪主の方は挨拶をする必要があるため、ペンやメモ帳を用意しましょう。もしスピーチに自信がないときはメモ帳を見ながら挨拶しても問題ないため、参列者に感謝の意をきちんと示せるようにメモ帳を上手く使ってください。紙媒体のメモ帳を見てもよいですが、スマートフォンのメモ帳機能を使用するのはあまりよくありません。 通夜と告別式で服装の違いはある? 通夜と告別式での喪主の服装の違いはとくに違いはありませんが、格式の高い正喪服のモーニングなどは日中に着用することが多いです。通夜など夜に行われる場合は、モーニングなどはあまり着用しないため、喪主であっても準喪服を選ぶのがよい場合があります。 まとめ 今回は葬儀における喪主の服装について解説しました。男性、女性、子供それぞれの立場によって選ぶべき服装が異なり、参列者をおもてなしするために適した格好をする必要があります。 服装に迷った際には、派手なものを身につけずにシンプルな服装を心がけてください。葬儀に参列した方に失礼のないように、正しい身なりとマナーを理解して葬儀を行いましょう。

【女性向け】法事に適した服装を紹介!平服の場合の注意点も

ブラックフォーマルについて

【女性向け】法事に適した服装を紹介!平服の場合の注意点も

法事の際、女性はどのような服装で参列すればよいのでしょうか。行われる法事によっては平服を着用してもよい場合があり、状況に応じて服装を選ぶ必要があります。そこで今回は、女性向けの法事に適した服装を紹介します。平服での注意点なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。 【女性向け】法事に適した服装は? 法事の服装は行われる行事によって異なります。具体的に女性はどのような服装を着用すべきか確認しましょう。 初七日・四十九日法要 初七日・四十九日法要の場合の服装について、遺族と参列者に分けて解説します。 遺族・施主 遺族である女性は、黒紋付きの着物もしくはブラックフォーマルな喪服を着用しましょう。遺族や施主の方は、正喪服や準喪服を選び葬儀と同じ格好をするのが一般的です。平服は、基本的にはNGなためきちんとした服装を心がけてください。 参列者 女性の参列者は、ブラックフォーマルな喪服を着用します。基本的には準喪服を着用すれば問題なく、こちらも葬儀の時と同じ格好を意識して参列してください。初七日・四十九日法要は重要な法事のため、周りに迷惑をかけないためにも正装を心がけて参列しましょう。 一周忌・三回忌法要 次に一回忌・三回忌の服装についてみていきます。 遺族・施主 一周忌や三回忌では、女性の遺族の方は黒紋付きの着物やブラックフォーマルな喪服を着用すべきです。一周忌は四十九日の次に重要な法事のため、気を抜かずに適切な格好をする必要があります。基本的には、葬儀で着用した正喪服や準喪服を着用すれば問題ありません。 参列者 一周忌や三回忌での参列者は、一般的には準喪服などのブラックフォーマルな喪服を選びます。ただし招待状に平服を着用してくださいとの指示がある場合があり、もしそのような指示がある場合は、正喪服や準喪服を着用せず記載通り略礼服などの平服で参列しましょう。 七回忌法要~ 次に七回忌の法要の服装について見ていきます。 遺族・施主 遺族や施主の方は、平服で問題ありません。ブラックフォーマルなスーツやワンピース、アンサンブルなど、略礼服を着用すればよいでしょう。ただし、服装の敷居が下がるからといって、光沢のある素材や柄物は避けなければいけません。参列者の方をおもてなしできる、きちんとした服装を選んでください。 参列者 参列者も平服を着用しましょう。遺族と同じく、黒のアンサンブルやワンピースなど略礼服であるならば問題ありません。七回忌では基本的に全員が平服で参加するため、敷居の高い正喪服や準喪服を着用すると、失礼に当たる可能性があるため注意が必要です。 そもそも喪服の種類は? 女性の着用する喪服にはいくつか種類があります。ご自身の立場に応じて選ぶ必要があるため、どのようなタイプがあるか知っておきましょう。具体的には以下の3タイプがあります。   正喪服:喪服のなかでもっとも格式が高い喪服です。喪主や親族などが着用することが多く、男性の場合はモーニングコート、女性の場合は上質な生地のワンピースやスーツを着用するのが一般的です。黒紋付の和装を正装とする場合もあります。 準喪服:法要などでもっとも着用される喪服で、最近では喪主も準喪服を選ぶケースが増えています。男性は黒の光沢のないブラックスーツ、女性の場合は黒のアンサンブルなどを選んでください。 略喪服:略喪服は平服にあたる服装で、喪服のなかでもっとも格式が下がります。親族以外の参列者が仕事帰りなどに通夜に訪れる際に着用します。ほかには、三回忌以降の法要の際に着用することもあり、略喪服を着用するタイミングを考えないとマナー違反になる可能性があるのでご注意ください。男性は黒や紺のダークスーツ、女性はダーク系のワンピースやアンサンブルなどが略喪服にあたります。 【女性向け】法事で喪服を着用する場合のマナー 法事で喪服を着用する場合、マナーがいくつかあります。喪服だけでなく小物類にもマナーがあるため、きちんと法事でのしきたりを理解して選んでください。 喪服 喪服の種類は先ほども申しあげたとおり、正喪服、準喪服、略喪服の3種類があります。ご自身の立場に応じて、選ぶべき種類が変わります。それだけでなく、色合いや柄についても意識しなければ法事に適さない格好になる場合があります。喪服を着用する際は、光沢のないシンプルな身だしなみにする必要があります。 正喪服や準喪服を選ぶ場合は、法事仕様になっているためあまり意識する必要はありませんが、略喪服を着用する場合は法事に適するものを探さなければいけません。 三回忌以降は平服である略喪服を着用してもよいですが、意識しないで選んでしまうと法事に適さない場合があります。 アンサンブル アンサンブルはワンピースとジャケットが一体化となっているため、オールシーズンで使用可能なものが多いです。黒のシンプルなものが法要に適しています。 アンサンブルの喪服のおすすめはこちら https://monoir.jp/collections/ensemble/products/02p01157 こちらのアンサンブルの喪服は、取り外し可能なリボンが付いており、かわいらしいデザインが特徴です。かわいらしさの中にも、上品さや気品ある喪服なため、年齢層に関係なく着用できるのでおすすめです。 スーツ スカートタイプではなく、パンツタイプのスーツの喪服もあります。スーツタイプのものは露出が少ないためフォーマルな法要には適しており、寒い冬の時期にはスーツタイプを選ぶ方が多いです。   【スーツタイプの喪服のおすすめはこちら】 ノーカラーアンサンブル(02P01157) https://monoir.jp/collections/suit/products/net-019 ジャケットとパンツの2点セットです。スタイリッシュなシルエットで、ジャケットを羽織るだけで大人な女性を演出できます。シンプルなデザインなため、ほかの小物類とも合わせやすいのが特徴です。 ワンピース ワンピースタイプは、サイズにゆとりのあるものを選ぶと、体型を気にすることなく着用でき妊娠中の方にもおすすめです。   【ワンピースタイプの喪服のおすすめはこちら】 喪服レディース ジャケット風レイヤードワンピース(net-024) https://monoir.jp/collections/onepiece/products/net-024 こちらのワンピースはサイズ感に余裕があるため、ストレスを感じることなく着用できます。ファスナーは前向きに取り付けられているため、授乳中の方にも向いています。また洗濯可能なウォッシャブルタイプなため、葬儀やお通夜に参加した後は自宅で洗えるので便利です。 アクセサリー アクセサリーは光沢の少ない、法要に適したものを選びましょう。パールなどがおすすめです。 【パール素材で作られたアクセサリーのおすすめはこちら】 日本製フォーマルクラスプネックレス ピアス 2点セット イケチョウ貝 シェルパール kp8cn11p ホワイト https://monoir.jp/collections/necklace/products/kp8cn11p パールで作られたピアスとネックレスで、上品なアクセントとして身につけたい方におすすめです。 バッグ バッグはヘビやワニのような動物の殺生を連想されるものはNGです。黒色の光沢の小さめのバッグがおすすめです。 【黒の法要時に適したバッグはこちら】 喪服用 フォーマルバッグ 6042 3点セット https://monoir.jp/collections/bag/products/6042 サブバックと袱紗がついた3点セットです。法要に持っていく際にはちょうどよいサイズなためおすすめです。 シューズ シューズは色合いだけでなく、ヒールの高さにも注意する必要があります。ヒールの高さが高すぎると華美な印象を与え、ヒールが低すぎるとカジュアルな印象を与えます。黒色のヒールが少しあるようなパンプスを選びましょう。 ストッキング ストッキングは黒色を選び、デニール数を意識して選ぶことが重要です。露出しすぎると法要では適していないため、デニール数は30以下のものを履きましょう。 アウター アウターは喪服の色合いと合わせる必要があり、派手なアウターは法要では適していません。ダーク系のアウターを用意し、喪服とのバランスを考えて選んでください。 メイク・ヘアスタイル メイクやヘアスタイルも法要を意識して整えてください。ナチュラルメイクにして、ヘアスタイルも自然な状態を意識しましょう。ノーメイクや寝癖が残っている状態はNGです。 ネイル 派手なネイルをしている方は、外せる場合は外してから参列しましょう。もし外せない場合は、喪服に適した手袋が売ってあります。派手なネイルはあまり法要では適していないため、状況に応じて手袋を身につけたほうがよいです。 【女性向け】法事に平服で出席する場合のマナー 法事では平服で出席してよい場合があります。ただし平服とは、普段着のようなジーパンにTシャツのようなカジュアルスタイルではないため注意が必要です。平服は喪服の種類でいえば、略喪服にあたりダークスーツなどを着用する場合が多いです。法事で平服を着用する場合は、どのようなマナーがあるか確認してください。 洋服の素材 平服を選ぶ際には素材に注意する必要があり、光沢ある素材だったり派手すぎたりするのは適していません。冬場に着用する場合はウールやカシミアの暖かみのあるものがおすすめで、夏場に着用する場合はサップ生地がおすすめです。 スカート スカートは露出度についても意識してください。丈の長さに注意し、座った際に膝が隠れる長さのものを選びましょう。 アクセサリー アクセサリーは、光を反射させるような貴金属類は適していません。パールで作られているイヤリングやネックレスを身につけるのがよいです。パールのアクセサリーは上品さをだすアクセントとして人気があります。 バッグ バッグは小さなシンプルなものにしてください。リュックサックや大きなカバンは法事には適していないため、取手のついた小さめのバッグを持っていきましょう。 シューズ シューズは黒の光沢のないパンプスがおすすめです。お通夜や葬儀で履くシューズを履けば問題ありません。 ストッキング ストッキングは平服であっても、あまり露出度が高いものは控えましょう。全身黒のダークスーツを着用した際に肌の露出が高いと目立つため、デニール数も意識してストッキングを選んでください。 アウター アウターは派手でないシンプルなものがよいです。略喪服である場合は、アウターもダーク系にするのが無難でしょう。 メイク・ヘアスタイル メイクやヘアスタイルはきちんとした身なりを整えましょう。平服であっても、きちんとした格好で参列することには変わりません。 ネイル ネイルが派手である場合は外しましょう。薄いネイルはとくに問題ありませんが、気になる方はネイルを外して参列するのがよいでしょう。 【女性向け】法事に平服で出席する場合のNGな服装 平服とは略喪服を着用するという意味合いがあるため、普段着で参列することはNGです。法事など、平服でお越しくださいと書かれている場合は男性ならばダークスーツを着用し、女性ならば黒のワンピースやアンサンブルで参列するのがよいでしょう。 また服装は、ダーク系にそろえて小物類も意識してください。基本的には葬儀のときに身につけるアクセサリーを選び、派手すぎたり法事に適さなかったりするものは控えましょう。 【女性向け】身内だけで法事を行う場合のマナー  身内だけで行う場合も、マナーを守った服装を意識してください。参列者のことを深く知っているからといって、カジュアルな服装を着用していいわけではありません。法要では僧侶が経を詠みに来てくれるため、失礼のない身なりで参列する必要があります。 まとめ 今回は、法事に適した服装を紹介しました。女性の場合は、黒のワンピースやスーツ、アンサンブルが一般的で、法事の種類やご自身の立場に応じて適切な喪服を選ぶ必要があります。もし平服でもよいと招待状に書いてある場合は、略喪服を着用しましょう。平服であっても、きちんと葬儀のマナーを守り法要に参列してください。

妊婦が葬儀に参列する場合の服装は?喪服以外を着用する場合の注意点も

喪服について

妊婦が葬儀に参列する場合の服装は?喪服以外を着用する場合の注意点も

妊婦の葬儀の服装は、どのようなものを着用すればよいのでしょうか。そもそも妊婦が葬式に参列してはいけないといった迷信なども存在するため、葬式のマナーや適切な服装について理解しておくのは重要です。そこで今回は、妊婦が選ぶ葬式の服装や注意点について解説します。喪服以外の服装にも言及するため、妊婦の服装選びで困っている方はぜひ参考にしてください。 妊婦が葬儀に参列する場合の服装は? 妊婦が葬儀に参列する場合の服装のマナーは、一般の方のマナーと基本的には変わりません。ただし妊婦はシルエットを意識することで、より葬儀に適した服装を選べるため、どのような服装がご自身に適しているか知る必要があります。具体的に妊婦はどのような服装を選ぶべきか確認しましょう。 マタニティ用の喪服を着用する 妊婦がどのような喪服を選べばよいか迷う場合は、マタニティ用の喪服を着用しましょう。スーツ専門店では、マタニティ用の喪服が販売されている場合があるため、妊婦専用の喪服を購入すれば喪服選びで迷わなく済みます。 また、喪服を貸し出してくれる業者もあるため、レンタルとしてマタニティ用の喪服を着用する方法もあります。マタニティ用のなかには、授乳している子供がいる女性に適した前ファスナータイプのものもあります。 ワンピースタイプの喪服を着用する マタニティ用の喪服以外のものを購入したい場合は、ワンピースタイプの喪服がおすすめです。ワンピースタイプのものはサイズ感にゆとりがあるため、それほど周りからの目を気にしなくて済みます。ひざ丈の長さや光沢のないダーク系の喪服を選べば、葬儀やお通夜に適した服装を着用できます。 【妊婦のワンピースタイプの喪服のおすすめはこちら】 ゆったりサイズ 衿レースワンピース(FX8P066B-ML) https://monoir.jp/collections/onepiece/products/fx8p066b-ml こちらのワンピースは、ゆったりとしたサイズ感のあるものです。大きめの喪服はダボっとした印象でカジュアルになってしまいがちですが、こちらはエレガントな印象があるため、上品に着こなしたい方におすすめです。着丈や袖丈も適度な長さがあるため、露出度を気にする必要はなく、通気性の高い喪服なので夏でも着用できます。 用意できない場合はダークカラーの服装でもOK もしマタニティタイプの喪服やワンピースタイプの喪服を用意できない場合は、ダークカラーの平服でも問題ありません。ただし、葬式やお通夜に適した服装を選ぶ必要があるため、光沢のある素材や派手な柄のものはNGです。喪服以外を着用する場合は次の注意点について確認してください。 喪服以外の服で参列する場合の注意点 もし喪服を着用しない方は、あらかじめ喪主に着用できない旨を伝えておくと、後のトラブルを避けられます。妊婦は参列する際の防寒対策を意識する必要があり、冬場の寒い時期には長期間外に滞在すると風邪をひいてしまいます。冬場で葬儀に参列する場合は、暖かい格好をする必要があるため、体調を崩さないように意識しましょう。必ずしも妊婦は喪服を着用する必要はないため、健康や葬式のスタイルに応じて判断してください。 妊婦が葬儀に参列する場合の注意点 妊婦が葬儀に参列する際は、いくつか注意点があります。先ほども申しあげたとおり、冬の肌寒い時期の服装選びを間違えると体調を崩すこともあるため、環境や状況に応じて服装を選ぶ必要があります。そのほかにも注意点があるため、具体的にどのような点に気をつけるべきか確認してください。 圧迫しないゆったりした服を着用する 妊婦は圧迫感のない、ゆったりとした服装を着用しましょう。葬儀やお通夜では長時間立ち続けたり、座り続けたりする可能性があるため、体に負担をかけない服装を選ばなければいけません。圧迫感が少なければストレスを軽減できるため、妊婦でも長時間喪服を着用しても問題ないでしょう。妊婦は、なるべく伸縮性の高いストレスフリーの喪服を選ぶ必要があります。 【伸縮性の高い妊婦向けのおすすめの喪服はこちら】 ゆったりサイズ ふんわりタックワンピース(P04-40101) https://monoir.jp/collections/onepiece/products/p04-40101 着丈や袖などが長めに作られているため、露出間をあまり気にせず着用できます。またゆったりとした着心地なので、授乳中のお子様がいる方にも向いている喪服です。こちらのような長袖のワンピースタイプは、1年中着まわせるため1着持っておけば、どの季節でも着用できるのでおすすめです。 ヒールの低い靴を選ぶ 妊婦は、ヒールの低いものを選んでください。とくにお通夜の場合は会場が暗い場合が多く、転倒を避けるためにもヒールの高さを意識する必要があります。ヒールが全くないシューズはカジュアル感が強いため、少しだけヒールがあるものがおすすめです。 身体を冷やさないよう羽織を持参する 体を冷やさないためにもジャケットを1着用意しましょう。ジャケットを持っていなくてもマナー的には問題ありませんが、夏場でも空調の状態によっては寒いと感じる場合があるため、ジャケットを1着持っておくのが無難です。着脱しやすいジャケットは、暑い時にはすぐに脱げるため、妊婦にとってはおすすめです。 そもそも妊娠中は葬儀に参列するべき? 葬儀の迷信などがあり、妊婦が葬儀に参列することを好ましく思わない人がいます。妊婦が参列すべきかどうか、起こりうる事例についていくつか紹介します。 妊娠中の葬儀に関する迷信とは? 妊娠中の方が葬儀に参列するのは、よくないという迷信がいくつかあります。たとえば妊娠中の胎児に霊が取り憑いたり、黄泉の世界に引きずり込まれたり、ケガをしたりするなどがよく聞く迷信でしょう。これらはあくまで迷信であり、このようなことは実際に起こりませんが、参列者の中には迷信を強く信じている方もいます。妊婦が葬儀に出席できないというルールはないため、あまり気にし過ぎる必要はなく、参列したい場合は基本的なマナーを守れば問題ないです。 体調が良ければ参列して問題ない 妊婦の体調がよければ、参列しても問題ありません。ただし、妊婦も一般の参列者同様に葬儀に適した服を着用する必要があり、光沢のないシンプルな喪服を選部必要があります。妊婦は、黒のワンピースタイプの準喪服がおすすめです。 参列者に心配をかけることも頭に入れておく 体調がよければ葬儀に参列しても問題ありませんが、体調が悪くなることも想定して葬儀に参加しましょう。葬儀では長時間拘束されるため、体に負担がかかり体調を崩してしまう場合があります。もし葬儀に参列する前に少しでも体調が悪い場合は、周りの方に迷惑をかける恐れがあるため参列しない決断も必要です。 無理に参列する必要はない 妊婦は無理に参加する必要はありません。体調が悪い状態で参列してしまうとほかの参列者の方に迷惑をかける恐れがあるため、健康状態を考慮して参列するか決めましょう。もし妊婦で参列できない場合は、旦那さんに代わりに参列してもらうのもよいです。とくに、妊娠初期や後期の時期には無理をするとよくないため、子供のことを優先に考えて決めてください。 葬儀に欠席する場合のマナー 妊婦は無理に出席する必要はありませんが、欠席の連絡はする必要があります。葬儀の欠席の連絡に関してのマナーについていくつか紹介します。 欠席の連絡は電話で行う 欠席の連絡は、基本的には電話で行いましょう。遺族の方たちは葬儀の準備などで忙しいため、手短に連絡を行える電話がおすすめです。もし電話が繋がらない場合は、LINEなどのアプリを用いてメッセージを残しておきましょう。 弔電・枕花・供花を送る もし出席できない場合は、弔電や枕花、供花などを送るとよいです。あらかじめ出席しない場合は、弔電を送ることで弔いの意を示せるため、葬儀の時間に余裕をもって行ってください。また故人の方と親しい関係であった場合は、枕花や供花を送るのがよいです。 ただし枕花には飾れる数に制限があるため、飾れない場合は供花を選択しなければいけません。枕花や供花を送りたい方は、喪主の方に葬儀の欠席を連絡する際に枕花や供花を送りたい旨を伝えましょう。 香典を送る 香典は基本的には会場に持っていくものですが、会場に行けない場合は現金書留でも郵送できます。現金書留で郵送する場合は、現金を納めるだけでなく、一言弔いの言葉を添えて送ってください。 また郵送する先は葬儀の会場に送った方がよい場合があり、会場に郵送すると集計の際に手間がかからないため、喪主の方に一度確認するのもよいです。家族葬など小さな葬儀の場合は、自宅に郵送した方がよいため、葬儀の規模の大きさによって郵送先を判断しましょう。 後日改めて弔問に伺う 葬儀に参列できなかった場合は、後日改めて弔問に伺いましょう。葬儀が終わってから四十九日までに伺うのが基本ですが、出産直後である場合は無理に期間を守る必要はありません。相手方も理解してくれるため、体調がよい状態のときに弔問を伺うようにしてください。 また弔問に伺う際には、故人の好きだったお菓子などを持っていきましょう。お菓子に加えて、仏前に飾るためのお線香なども持参するとよいです。 妊娠中におすすめの喪服を紹介 女性用の喪服はたくさんありますが、妊娠中の方は着丈がゆったりしたものを選ぶ必要があります。具体的にどのような商品が妊娠中の方に適しているか、いくつか商品を紹介します。 着丈が長くゆったり着用できる ゆったりサイズ ふんわりタックワンピース(P04-40101) https://monoir.jp/collections/onepiece/products/p04-40101 こちらの喪服はワンピースタイプで着丈が長く、ストレスフリーで妊娠中の方でも着用しやすいです。妊娠中の方だけでなく、授乳中の子供にも対応しているマタニティタイプの喪服で、前ファスナーなので着脱しやすいためおすすめです。 ケミカルレースを使用したシックなデザイン ゆったりサイズ 衿レースワンピース(FX8P066B-ML) https://monoir.jp/collections/onepiece/products/fx8p066b-ml こちらはケミカルレースのシックなデザインの喪服です。袖部分には通気性の高い生地を使用しており、夏場でも涼しく感じられます。機能性だけでなくデザイン性もよく、エレガントな大人の女性を演出したい方におすすめです。 エレガントなシルエットが特徴 ゆったりサイズ ブラックフォーマル ワンピース 02L93202 https://monoir.jp/collections/onepiece/products/02l93202 こちらはゆったりとしたエレガントさが特徴の喪服です。妊娠中の方でも違和感なく着こなせるサイズ感なので、お尻や腰回りなど気になる部分を隠せます。座ってもひざが隠れる長さであり、葬儀に適している喪服といえます。 まとめ 今回は妊婦が葬儀に参列する場合の服装について解説しました。妊婦は喪服を着用する際に目立つ可能性があるため、少しサイズ感のあるものを着用するのをおすすめします。どのような喪服がよいかわからない方は、マタニティ専用の喪服を選ぶのもよいでしょう。 妊婦の喪服について紹介しましたが、妊婦は無理して葬儀に参加する必要はありません。もし体調が悪い場合は欠席する選択をし、健康第一に考えて葬儀に参列しましょう。

意外と知らない?女性の喪服に合わせたストッキングの選び方

喪服について

意外と知らない?女性の喪服に合わせたストッキングの選び方

喪服に合わせるストッキング、突然の訃報となると見落としがちなのが足元のマナー。葬儀や法事で突然伝線してしまっても慌てることがないように、喪服用ストッキングの選び方と気をつけるポイントをまとめましたのでご参考ください。 喪服に合わせるストッキングの色は? 喪服には、季節問わず黒のストッキングを合わせます。 通夜には「急いで駆けつけた」ことを意味するために、あえて肌色のストッキングを選ぶ方もいらっしゃるようですが、基本は黒と覚えておくとよいでしょう。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら 喪服用ストッキングの種類は? 喪服に合わせるストッキングで大切なのは厚みです。 ストッキングとは、一般的に30デニール以下の厚さを指します。目安として、うっすらと肌が透けるくらいがベスト。 お店で売られているパッケージでの見た目と、実際に履いたときの肌の透け感が思った以上に違う場合もありますので、購入したら一度試し履きをしておくと安心です。 網タイツや飾り、ラメ入りは好ましくありません。喪服を着るときは、悲しみの席にふさわしいファッションを第一に心がけましょう。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら 喪服にタイツはNG? 冬の喪服にはタイツを合わせたくなりますが、カジュアルさが出てしまうため本来のマナーとしてはNGです。 ただし、真冬や雪国での葬儀は、60デニールくらいまでであれば問題ないともいわれています。どこまでがOKかというのも、参列する立場や格式によって異なります。 高齢者の方や妊婦さんなど、無理をして体を冷やしてしまっては大変ですので、家族や親族と相談し、体調にあわせて判断するのがよいでしょう。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら 法事のストッキングは? 法事の場合も、女性は基本的に黒のストッキングを着用します。 略喪服の場合には肌色のストッキングでも問題ない場合もありますが、故人との関係や参列する立場、地域の風習なども関わってくるものですので、事前に家族に確認しましょう。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら 喪服用ストッキングで気をつけるポイントとは ストッキング選びだけでなく、喪服と合わせる際にも気をつけるポイントがあります。足元は気を抜いてしまいがちなので、失礼がないよう全身に気を配ることが大切です。 派手なネイルは事前に落として 女性でよくありがちなのは、ペディキュアです。弔事では靴を脱いで畳にあがるシーンも多くあります。 ストッキングから派手なネイルが透けて見えてしまっては台無しです。ナチュラルカラーであれば問題ありませんが、派手なカラーの場合は十分に注意が必要です。 除光液はコンビニエンスストアでも売られていますので、必ず事前に落としましょう。 予備のストッキングを準備しよう 葬儀や法事は、正座や立ち座りなど足の動きが多いもの。伝線しやすい薄手のストッキングは、一組予備を用意しましょう。 突然の訃報にもスマートに対応できるよう、自宅だけでなく職場に置いておくのもよいですね。大人の女性のマナーとして、とても大切なポイントです。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら 備えておくと安心の女性におすすめ喪服 ストッキングなど足元のマナーも大切ですが、普段から喪服を準備しておくこともとても大切なこと。突然の訃報に対応できる喪服も、しっかり用意しておきたいところです。 訃報はいつも突然で、前もって準備する時間がないのがほとんどです。そのため、喪服を買いに行くことは難しいでしょう。準備も大切なマナーのひとつ。 もしものときに慌てないためにも、ストッキングとあわせて、悲しみの席にふさわしい喪服も見直してみませんか? 一年を通して着用できる喪服が1着あれば、急な通夜・お葬式などでも、大切な故人とのお別れに落ち着いて向かうことができます。 モノワールでは、良識ある大人の女性にふさわしい喪服を種類も豊富に取り扱っていますので、あなたにぴったりの1着を見つけてください。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら サテン使い ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01157 即日発送 送料無料 返品・交換OK サテン使いがワンランク格をあげる、品のよいノーカラーのジャケットと、美しいシルエットのワンピースのアンサンブルです。 ジャケットの袖口にはスリットが入っているので、折り返したままの着用も可能。お葬式でのお手伝いにも、袖が邪魔になりません。飽きのこないシンプルデザインで、暑い季節はワンピースのみのスタイルでもおすすめ。 ワンピースは、ウエスト部分にある切替えを少し高い位置にすることで、スタイルもよく見え、足長効果と美しいシルエットで着る人を満足させる1着です。 >「ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル ワンピース 02P01157」の商品詳細はこちら ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01159 即日発送 送料無料 返品・交換OK ジャケットを羽織っても、ワンピースだけのスタイルでも女性らしい、凛とした美しさを表現できるアンサンブル。大人の女性におすすめの、モダンフォーマルな1着です。 首周りがスッキリと品よく見えるノーカラージャケット。ワンピースの衿もノーカラーで、統一感のある素敵なデザインです。ワンピースの袖には、透け感のあるシフォン素材を使用して軽く上品な印象に。暑い時期の着用でもクールで涼しげに魅せます。 また、気になる二の腕を隠せるので、ジャケットを脱いだスタイルでも安心して着られます。前も後ろも、どこからみても清楚な装いになるアンサンブル。悲しみの席にもふさわしく、備えておくと心強い喪服です。 >「ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル ワンピース 02P01159」の商品詳細はこちら 3点セット ブラックフォーマル スーツ 02W51680 即日発送 送料無料 返品・交換OK 上品なショールカラーがポイントのジャケットと、半袖のブラウス、マーメイドシルエットのスカートを組み合わせたスーツ。 ベーシックを極めた飽きのこないデザインでありながら、自分らしいスタイルを実現できる、大切に長く着たくなる1着に仕上げました。 小さなサテンリボンをあしらって、上品さと女性らしさをプラス。ブラウスとスカートを組み合わせれば、夏のフォーマルとしても着用できる、ディテールにもこだわったオールシーズンフォーマルです。 >「ブラックフォーマル スーツ3点セット ジャケット ブラウス スカート 02W51680」の商品詳細はこちら 悲しみの席にふさわしいストッキングと喪服選びを いざというときに困らないためにも、女性は日頃より喪服とストッキングをセットで用意しておきましょう。葬儀のマナーを守り、大人の女性として気品あるスタイルでいたいですね。 喪服・礼服・ブラックフォーマル専門店のモノワールは、高品質で低価格を実現しています。大切なシーンにふさわしいブラックフォーマルはモノワールでお選びください。

準喪服について

喪服について

準喪服について

お通夜や葬儀、告別式での服装といえば喪服が一般的ですが、正喪服・準喪服・略喪服と三つの格式があるのをご存じでしょうか。 準喪服はどんなシーンでも幅広く着ることができて、着用の機会が多い喪服となります。今回は、準喪服についてまとめました。 準喪服とは 準喪服は正喪服に準ずる格式の喪服で、お通夜や葬儀、告別式、一周忌までの法要で喪主、親族、一般の参列者なども着ることから、一般的な喪服といえば準喪服のことを指します。 準喪服を着用する場面 どんな立場の方でも広いシーンで着用できるのが準喪服です。一般の参列者は、遺族や近親者より格式を下げた装いにするのがマナーですので、準喪服を着用する機会は多くなるでしょう。 正喪服との大きな違いは、適度になら流行を取り入れたデザインでも問題ないところです。 男性の準喪服について ダブルまたはシングルのブラックスーツ。スリーピース着用の場合、ベストも必ず黒で統一します。ワイシャツは、レギュラーカラーの白無地、ネクタイは黒の無地や織り柄を選び、タイピンはつけません。 ここでいうブラックスーツは、礼服売り場などに置いてあるスーツのことで、黒いビジネススーツではありません。 靴 靴は黒で光沢のないものを選びましょう。靴下も黒で統一。 女性の準喪服について 基本的に、黒無地や地味目の織り柄、光沢や透けすぎていないものなど、正喪服に準じた素材やデザインがベスト。 派手にならない程度の部分使いであれば、夏はレース素材や、冬にはベロアやベルベットなど、季節感のある素材のものでも可です。 黒のワンピース、スーツ、アンサンブル、パンツスーツなど。スーツの場合、インナーは黒でまとめるのが基本です。 スカートは、通常の丈よりも少し長めのミディ丈(ふくらはぎ丈)が好ましいとされています。袖丈は五分~長袖、夏は半袖でも構いません。 レース使いや、織り柄・フリル・リボンなど、その時々の流行のデザインを、適度に取り入れることも可能です。 靴 靴は黒で飾りの少ないパンプスまたはストラップ付きも大丈夫です。ストッキングは黒が好ましいですが、お通夜や法事などの席では、肌色でも良いでしょう。 準喪服とビジネススーツとの違い お葬式に参列する際、黒のビジネススーツなどでも良いのではないかと思われている方もいらっしゃると思います。 しかし、喪服と黒い無地のビジネススーツは一見同じように見えても、生地の質や色合いが違います。 喪服の生地には、光沢が出ないように仕上げており、濃染化工といわれる特殊な染め方により、深く濃い黒色に発色させているものがほとんどです。 黒のビジネススーツも、真っ黒いように見えますが、喪服と比べるとひと目で、質や色合いの違いが分かってしまうものが多いのです。 悲しみの席というのは喪服の方しか集まりません。そのため、喪服とビジネススーツの「黒」という色合いの違いがハッキリと出やすくなってしまいます。 マナー違反にならないためにも、黒のビジネススーツを、喪服の代用として着用することはおすすめできません。 着てみたい喪服がないという方はぜひモノワールで 三つの格式のなかでも、着る機会が多い準喪服は、最も一般的な喪服といえるでしょう。 喜びや悲しみの席では、礼儀や礼節を重んじ、大人のマナーとして立場に応じた装いを心がけたいものです。 喪服・礼服・ブラックフォーマル専門店のモノワールでは、自分らしさを大切にした、喪服を販売しています。 リーズナブルでありながら上質で、幅広い年代の方にご利用いただけるよう、種類も豊富に取り揃えております。 今まで着てみたいと思う喪服がないという方は、ぜひモノワールの喪服をお試しください。

正喪服について

喪服について

正喪服について

喪服はお通夜やお葬式、法事など弔事の際に着る服として定着していますが、正喪服の洋装は着物の正装に代わるものとして購入する方が増えています。 もっとも格式高いとされる正喪服について、着用するときの注意点をまとめました。 正喪服とは 喪服における格式を特に正喪服・準喪服・略喪服とに分け、弔事の種類や出席する時の立場によって必要とされる格式は異なります。 正式の喪服である正喪服は、もっとも格式の高い装いです。正喪服の洋装に加えて、和装を着用することも多くあります。 正喪服を着用する場面 正喪服は、公式の葬儀・告別式から一周忌までの法要などに、喪主とその配偶者や、近親者の方など、主に葬儀を主催する側の方が着用するものです。 一般参列者であれば、喪主や遺族よりも、格式が高くなってしまわない装いにするのがマナーとなりますので、正喪服を着ることは少ないでしょう。 男性の正喪服について 実際の場面でどのような装いをしたらよいか、男性の正喪服についてご紹介します。 黒のモーニングコート 黒のモーニングコートに、レギュラーカラーの白いシャツ、コールパンツは黒の分量が多い地味なものを合わせましょう。弔事ではあくまで控えめに。 ネクタイ、ベスト、靴下などすべて黒に統一するのが鉄則です。ベストの白衿は必ず取り外して着用しましょう。 ポケットチーフやカフリンクスは、弔事の場合は不要です。どうしても付ける場合は、黒のものを選びましょう。見えない部分のサスペンダーも黒の無地で揃えます。 モーニングコートは、昼間の正礼装となりますので、お通夜には着用しません。 和装の場合 男性は紋付羽織袴で、紋付きの長着に袴をはき、紋付きの羽織を着用するのが男性の正喪服です。 紋付と羽織は黒の羽二重、家紋は五つ紋(背中と両袖、両胸の五ヶ所)のものを着用します。 袴のヒモと羽織紐の結び方や、草履の鼻緒が地味になるなど、慶事と弔事とでは違う点がありますので注意しましょう。 女性の正喪服について 実際の場面でどのような装いをしたらよいか、女性の正喪服についてご紹介します。 ブラックフォーマルウェア 色は必ず黒で、光沢感のない素材で無地のワンピースやアンサンブル、スーツが基本です。 派手な装飾がなく、体のラインが出ない、えり元のつまったできるだけシンプルなデザインが良いでしょう。 夏でも長袖か、肘が隠れるくらいの袖丈があるものが好ましいでしょう。 スカートの丈は短くてもひざの隠れるひざ丈から、くるぶし丈などにして肌の露出を最小限におさえて、透ける生地は避けましょう。ストッキングは黒無地のものを使用します。 スーツを着用する場合、ブラウスも黒いものを。白や色柄のあるものは着ないように。 和装の場合 女性は染め抜きの五つ紋の黒無地の着物(黒喪服)を着用します。 帯揚げ、帯締めも黒となり、帯も黒無地のものですが、地域によって袋帯か名古屋帯と異なるようです。 襦袢と半襟、足袋は白で、草履は布製の黒。葬儀では光沢のあるものは避けるのが基本ですので、帯留めや髪飾り、アクセサリーなどは避けましょう。 紋の種類は女性は実家の家紋を付けるという地域もあり、和装喪服の場合は地域による文化の違いが出やすい装いとなります。 失敗がないよう詳細な服装は、家族や親戚の方などに、確認してみることをおすすめします。 大切な方とのお別れは正喪服で 最近では、喪主や遺族が若い方であれば準喪服を着用し、正喪服を着る方は少なくなってきているようです。 喪服は本来、遺族が「喪に服している」と意味するもの。大切な方との最後の場は、最も格式高いとされる正喪服を着用するほうが良いかもしれません。 モノワールでは、大手百貨店と同じ縫製工場でつくられている上質な喪服を、数多く取り揃えております。フォーマルマナーを大切に守って、悲しみの装いにふさわしい、深い黒で格調高い喪服をお試しください。

喪服をおしゃれで快適に着こなすには季節感を取り入れて

喪服について

喪服をおしゃれで快適に着こなすには季節感を取り入れて

喪服はどれを着ても同じと思われていませんか?喪服をおしゃれに、スマートに着こなすためには、季節感を大切にすることです。 季節に合わせながら自分に合ったスタイルで、無理なく快適に着るためのポイントについてまとめました。 夏場は“暑さ対策をしっかりと” 喪服を着るときのマナーとして、肌の露出は避けるようにいわれていますが、近年続いている夏の猛暑というのは尋常ではありません。 喪服で長い時間無理をすれば、脱水して熱中症になる方もいらっしゃるでしょう。そうなる前に夏の喪服、どう対応すれば良いか、考えてみましょう。 女性のおしゃれな着こなし 汗だくの喪服姿では、おしゃれに着こなせているとはとても言えません。スマートに着こなすためのポイントをいくつかご紹介します。 ときには袖の長さを調整して 長袖が原則とされていますが、真夏の炎天下のなか参列する場合は、えり元まで詰まった長袖の黒い喪服では、体調を崩しかねません。 無理はせず、七分丈・五分丈・半袖など、立場と季節に合わせて選びましょう。 季節に合わせた素材を 真夏なら、無理にジャケットを着る必要はありませんが、上着だけでも夏仕様の素材に変えるだけで、かなり涼しく過ごすことができます。 素材がシースルーの上着でも、透けすぎずに上品な感じであれば良いでしょう。中に着るインナーをカットソーにすると、より涼しく爽やかに。 ワンピースで涼しくおしゃれに 夏の喪服にはワンピース型のものがたくさんあります。袖丈が七分丈になっているものが多いので、ワンピースを着用しても良いでしょう。 袖だけがシフォン素材の上着やワンピースも、夏の暑い日には涼しく快適に、しかもおしゃれに着こなせるのでおすすめです。 小物など ハンカチは黒か白の無地が好ましいでしょう。真夏は黒い扇子があると便利。 涼しげな印象のある、レースの手袋などの小物も活用できます。 男性のおしゃれな着こなし 男性ならば、夏場でも上下黒のスーツ、黒いネクタイが基本ですが、春夏用のジャケットが背抜きで通気性のいいものが多くなっています。 背抜きジャケットは、背中部分の裏地がなく、涼しく快適に過ごせるのでおすすめです。 儀式中は上着を着るのが原則ですので、シャツは半袖でも問題ありません。 しかし、夏場はジャケットを脱ぐことがあるかもしれませんので、やはり肌を露出しないマナーのため、長袖のワイシャツを着ていく方が良いでしょう。 冬場の葬儀“寒さ対策・防寒をしっかりと” 暖房がきいた室内で行う場合もありますが、そうでない冬の葬儀では、風邪をひいたり、具合が悪くなってしまうことも。 真冬の寂しさが身にしみる前に、寒さ対策・防寒をしっかりとしておきましょう。 素材やインナーを工夫 とても寒がりという方は、オールシーズン対応のものより、秋冬対応のウール素材や、季節限定の喪服が良いかもしれません。 ベロアやベルベット素材など、季節感のあるものなら温かく着られます。 サイズも少しゆったりめの喪服を選んでおけば、寒い季節でも温かい長袖のインナーを着ることできるので、寒さを気にせずおしゃれに着こなせます。 コートや小物など 色は寒色系にします。殺生を連想させるので、毛皮はNG。カジュアルすぎるジャンパーも避けたほうがいいでしょう。 防寒用手袋・マフラーなども色は寒色系にします。持っていない場合には、会場に到着する前には、外しておきましょう。 季節感を大切にした快適な喪服を 弔事の席は、おしゃれを楽しむ場ではありません。あまり華やかにならない程度に、季節感を大切にしながら、快適に過ごせる喪服が良いでしょう。 袖を通す機会が少ない喪服などでも、女性ならおしゃれな着こなしを目指したいものです。 喪服・礼服・フォーマル専門店のモノワールでは、そんなあなたに最適の1枚をご用意しております。ぜひ一度ご覧ください。

今すぐ必要をしっかサポート!喪服のレンタル

喪服について

今すぐ必要をしっかサポート!喪服のレンタル

喪服が急に必要になる際や、サイズが合わなかったときは、レンタルを利用するのもおすすめです。 最近では、お通夜であっても喪服で参列する方が増えてきています。急な訃報で今すぐ喪服が必要なときでも、レンタルを利用すれば安心。 喪服のレンタル6つのメリット 突然の訃報のお知らせ…。結婚式などとは違って、悲しみは予告なくやってくるものなので、お通夜やお葬式に関してはなかなか読めません。 今すぐ喪服が必要となって、サイズが合わなくなっていたり、ときにはカビが生えていたりして、慌ててしまった経験はありませんか? 日頃から用意しておくのが一番ですが、「買ったけど何年も着ていないし、お手入れもしていない」という人が多いようです。 そこでおすすめしたいのが、喪服のレンタルです。最近では、喪服のレンタルのサービスも一般的になってきたこともあり、一度くらい利用したことのある方も、いらっしゃるかもしれません。 ここからは、喪服をレンタルにすることで、買うよりお得な6つのメリットをご紹介していきます。 1.無理のない予算で お得なメリットのひとつはお手頃価格でレンタルできる点です。 購入すれば安くとも、3~5万は必要になってくる喪服が、5,000円未満で利用できることが多いので、突然やってくる訃報でも、最低限の出費で抑えることができるでしょう。 2.サイズが変わっても大丈夫! 年齢とともに、どうしても体形は変わってしまいます。レンタルなら、サイズが変わってもその都度、体形に合った喪服を選ぶことができるので安心です。 体形が変わる度に買い替えるのは痛い出費になりますが、レンタルなら節約にもなりそうです。 3.年齢に合わせて 喪服にも年齢にふさわしいデザインがあります。男性であれば、若いころはシングルジャケットでも、歳を重ねるとダブルジャケットが似合うようになってきます。 女性もスカート丈の長さの違いによって雰囲気も変わります。長くすれば、また違ったエレガントな雰囲気になることでしょう。 年齢に合わせたデザインの喪服が自由に選べる、レンタルだからこそのメリットです。 4.流行りすたりがなくイメージチェンジにも ベーシックでシンプルなデザインの喪服とはいえ、その時代で人気のシルエットや、素材などがデザインに反映されていますので、どうしても流行りすたりが出てきてしまうもの。 せっかく奮発して買った喪服も、流行遅れになってしまうともう、着る気も失せてしまうでしょう。 レンタルなら流行りすたりの心配もなく、その時々に合ったデザインが選べるのも嬉しいメリットです。 5.自宅で保管してお手入れする必要がありません レンタルの喪服は、着終わったらすぐにレンタル会社に返却するようになっているので、自宅で保管したり、お手入れの必要がありません。もちろんクリーニングも不要です。 レンタルであれば、お手入れにかかるコストもなく、場所もとらない点は大きなメリットになります。 6.虫食いなどの心配ご無用 喪服は買って用意しておけば、それだけで安心とはなりません。お手入れを怠るとカビも発生しやすいですし、虫食い発見!なんてことになったら元も子もありません。 多くのレンタル会社は、お客様にお貸しする喪服は、最適な場所で品質管理がされていますので、状態の良い喪服を快適に着ていただけます。 困った時の喪服レンタル お通夜やお葬式は、今までお世話になった方や親しかった方など、大切な方との最後のお別れの場となります。礼節を大切にし、きちんとしたマナーで見送りたいもの。 急なご葬儀、ご法要には喪服のレンタルがおすすめです。 モノワールでは、キッズサイズの喪服のレンタルがございます。キッズの喪服でしたら、限られた期間しか使わないため、迷わずレンタルされることをおすすめします。

あなたに合った喪服のワンピースの選び方

喪服について

あなたに合った喪服のワンピースの選び方

今回は、自分に合った喪服のワンピースの選び方についてお話します。 社会人になれば、出席する機会も多くなる冠婚葬祭。大人のマナーとして、間に合わせのワンピースやスーツではなく、きちんとした喪服を一着、日頃から準備しておくと良いでしょう。 ワンピースのデザインを選ぶ 喪服のワンピースといっても、様々なデザインがあり、購入する際に迷うこともあるかもしれません。 黒一色となる喪服は、シンプルだからこそデザインひとつで印象は大きく左右されます。ご自分の雰囲気に合わせた、デザインを選びましょう。 膝が隠れるスカート丈 膝が隠れていればOKとされていますが、膝丈ちょうどですと、立ったり座ったりなどに、膝が見えてしまうことも。 ひざ下数センチ程度、余裕をもたせた長さにすると、動いた時に膝が見えてしまうということもなく安心です。 前開きのワンピース ワンピースが前開きになったデザインに、ジャケットを組み合わせるアンサンブルなどは、後ろ開きファスナーが苦手な方はもちろんのこと、出産直後の授乳期のお母さんにとっても、便利で使いやすい喪服となります。 年齢に合わせた選び方 若い方ですと、ファーストフォーマルとして購入されることも多いので、1着でオールシーズン着られる、ジャケットとワンピースのアンサンブルタイプがおすすめです。 喪服としてのマナーはおさえつつ、少し可愛らしいデザインも良いでしょう。 ウエストにリボンがあしらってあったり、着脱可能なパーツがついたものなどは、雰囲気を少し変えることもできて、長く着用できるでしょう。 30代の方なら 特に30代の方は、気を付けてほしいポイントがあります。20代と同じように少し可愛らしいデザインを選びがちですが、長く着用するためには5年後、10年後のご自分をイメージして選ぶと良いでしょう。 40代になると、立場的にも落ち着きや、エレガントさが必要になってきます。 ミセスの方なら ミセスの方なら、着脱しやすいタイプがおすすめです。ほかにも、ポケットが付いているタイプですと、ハンカチや数珠などパッとしまえるので便利です。 前開きのワンピースや、トリックドレスと呼ばれるツーピース風のワンピースなどは、ウエスト周りがゆったり着れるだけでなく、すっきりとした印象で気品ある装いとなります。 ゆとりをもってゆったり着られるサイズを お通夜や葬儀、告別式など列席中は、立ったり座ったり、食事をしたりと体勢が変わることも多くなります。 喪主や遺族の方は、さらに忙しく動き回ることが多くなるので、体にフィットしたデザインだと苦しくなってしまうことも。 長時間着用しても疲れない、ゆったり着られるサイズがおすすめです。 体形が変化しても安心 年齢とともに体形の変化することも考えられますので、購入時の体形にぴったり合わせたサイズを選ぶと、少しの体形変化で着れなくなってしまう可能性が。 少しゆとりがあるくらいのサイズのほうが長く使えるでしょう。 オールシーズン着られるタイプ 夏は涼しく、冬は温かく着こなせる、オールシーズンに対応しているものも増えています。 5分~7分袖のワンピースに、長袖のジャケットを羽織るタイプが使い勝手も良いでしょう。 暑い季節はワンピースのみで、寒い季節はジャケットを着て温かく、1年通して快適に着ていただけます。 あなたにぴったりの一着を 喪服は、お値段からしても安い買い物ではありません。一度買ったら、なかなか買い換えるものではありませんから、5年、10年と長く着られるものを賢く選びたいものです。 そうなると、10年後の自分が着ても似合うデザインかどうかで選ぶことも大切。5年後、10年後のご自分をイメージしながら選びましょう。 モノワールでは、豊富なデザインと、洗練されたスタイルの喪服が揃っています。モノワールの喪服から、あなたにぴったりの一着を見つけてください。

服装のマナー

喪服について

服装のマナー

悲しみの席は突然やってきます。喪の装いとしてマナー違反にならないよう、女性の喪服にも心遣いが大切です。 ここでは、女性が喪服を選ぶときに気を付けたい、服装のマナーについてまとめました。 女性の喪服で気をつけたいマナーは? 予告なくやってくる、お通夜やお葬式。子供や学生なら、制服があればそれでも良いでしょうが、良識ある大人の女性として、喪服など服装のマナーはきちんとしたいものです。 では実際に喪服を選ぶとき、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか? スカートの丈 まず、最低限気をつけたいことはスカートの丈です。お悔やみの場で、膝が見えるのはマナー違反にあたります。 膝が隠れていれば大丈夫といわれますが、動いたときに見えてしまうこともあるので、膝下数センチくらい少し余裕をもたせ、正座したときに膝が隠れる程度が良いでしょう。 座ったり立ったりすることも多いので、スカートはタイトなものより、フレアタイプで少し広がる方が動きやすく、シワにもなりにくいです。 色やデザイン 女性の喪服で、和装ではなく洋装を着る場合は、えり元が詰まった黒無地のワンピースを着用しましょう。 袖は長袖か、肘が隠れる長さが基本です。ボディラインがハッキリ強調されてしまうデザインは、ふさわしくありません。 黒いスーツやアンサンブルでも可。アンサンブルの場合、オールシーズン対応なのでとても便利ですが、夏でも儀式中は、長袖の上着の着用が原則ですので注意してください。 素材について 透けたり光沢のある素材は避けましょう。深い黒色の素材であれば、格式が高くなります。 髪型 焼香や挨拶するときなど、頭を下げる場面が多いので、髪はできるだけすっきりとまとめるか留めるかして、顔にかからないスタイルにしましょう。 喪服の際の小物についてのマナーは? 喪服を買うとき一緒に揃えておきたいのが小物類です。小物も黒で統一するのがマナー。 女性の場合、小物の種類も多くなりますので、注意するポイントをおさえておきましょう。 靴・ストッキング 靴は基本、黒のパンプス。デザインが凝っているものや派手なもの、光沢のある素材は避けます。 列席中は、長時間立っていることも多いので、ヒールは高すぎず太めのものが疲れにくくて良いでしょう。 金具が光って目立たないデザインであれば、ストラップつきでも構いませんが、サンダルやミュールはNGです。 ストッキングは黒の無地のものが基本です。真冬でも、真っ黒なタイツのようなものより、透け感のある黒のストッキングを用意しましょう。 バッグ 黒無地で光沢のない、布製のバッグがベストです。お香典、ハンカチ、数珠が入る程度の大きさが良いでしょう。 荷物が増えることがありますので、別に手提げスタイルの黒いエコバッグのようなものもあれば、何かと便利です。 デザイン性がありすぎりものや、金具が光っているものは避けます。ブランドバッグもやめておきましょう。 パールネックレス アクセサリーは結婚指輪、一連のパール以外はつけないのが正式です。 パールは「涙」を連想させるジュエリーとして、喪の場面でも着用が許されていますが、ネックレスは必ず一連のものを。 長すぎるものや、二連のパールネックレスは「不幸が重なること」をイメージさせてしまいますのでやめておきましょう。 マナーを守りつつ女性の品格も大切に 女性の喪服は、品格が問われる注意点が多い装いです。大切な方との最後のお別れの場では、良識ある大人の女性として、服装のマナーを守りつつ、品の良さ、落ち着きのある装いで見送りたいものです。 喪服は、あくまでも故人を悼むための正装です。喪の装いにふさわしいデザインを選びましょう。 モノワールでは、悲しみの席にふさわしい、洗練されたスタイルの喪服を取り揃えております。女性らしく、品格ある喪服を見つけてください。