Contents

女性のパンツスーツの喪服は?

喪服について

女性のパンツスーツの喪服は?

女性の喪服はスカートが一般的ですが、パンツスーツで参列するのはどうなのでしょう。女性でもパンツスーツのご購入を検討されている方のために、マナー違反にあたらないかどうかなどの疑問にお答えします。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら 喪服としてパンツスーツはマナー違反にあたらない? 正式な喪服としては、濃い黒無地のワンピースかスーツやアンサンブルの着用が望ましいとされています。 一般的に言っても、女性の喪服といえばスカートを着用している方がほとんどです。 しかし、なかには持っていない方もいらっしゃるでしょうし、パンツスーツを取りいれて「喪服のコーディネートの幅を広げたい」と思っている女性も多いのではないでしょうか。 状況次第ではパンツスーツも可 絶対にパンツスーツを着用してはいけないという厳格なルールがある訳ではありません。 そのため葬儀やお通夜、法事などでの女性の服装においてパンツスーツは状況に応じて着用が可能といえるでしょう。 しかし、参列する立場によっては、女性はパンツスーツを着用するとマナー違反となる場合があり、着用を控えたほうがよい場合もありますので注意しましょう。 一般の参列者でもパンツスーツの着用は控えるのが無難 身内が亡くなったご遺族や近親者でなく、一般の参列者の場合ならパンツスーツの喪服でも問題ないかもしれません。 しかし、「最近は弔事の装いもそれほどうるさくなくなった」といわれていても、実際にパンツスーツの喪服の着用は非常識と思われている場合も少なくないようです。 一般の参列者であっても、できるだけパンツスーツの着用は控えるのが無難でしょう。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら パンツスーツの着用が大丈夫そうな人の条件 とはいえ、足の悪い方もいます。このようなケースの場合パンツスーツの着用でも問題ないでしょう。 また、高齢者の場合もワンピースやスカートが履きづらい方の場合はパンツスーツでもよいとされています。 パンツスーツはあくでも略喪服 女性の場合、パンツスーツはあくまで略喪服と思っておいてください。 急な弔問や三回忌以降の法事、お別れ会などの服装は略喪服程度と考えられていますのでパンツスーツでも問題ないでしょう。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら パンツスーツの着用がNGになりそうな場合 葬儀に参列されるご遺族や近親者の方で、パンツスーツ姿の女性を見かけることは少なく地方においてはとくにその傾向が強いようです。 また、スリムなデザインはカジュアルな雰囲気になりますので注意しましょう。 喪主や遺族、近親者の方は控えましょう 喪主や親族の立場で、女性がパンツスーツを着ることはマナー違反となります。 喪主やご遺族の方、近親者の方が葬儀やお通夜、告別式へ参列される場合はパンツスーツの着用は控えたほうがよいでしょう。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら 立場によって格式ある喪服を お祝いの席よりさらに気遣いが必要なのが悲しみの席での装いです。“弔事の装いは慶事よりも慎重に”と心がけておくことが大切です。 葬儀やお通夜、告別式に参列する場合、ワンピースやスカートが女性の喪服としてふさわしい装いである事を頭に置いて立場によって格式あるものを選びましょう。 喪服・礼服・ブラックフォーマル専門店のモノワールでは、格式高い喪服から大人な印象のパンツスーツやセンタープレス入りで脚長効果があるものを販売しております。リーズナブルな価格でご提供していますので、ぜひ一度ご覧ください。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら >「ジャケット&パンツスーツ 2点セット net-019」の商品詳細はこちら

20代の女性が選ぶべき喪服とは

喪服について

20代の女性が選ぶべき喪服とは

社会人になると、喪服がいつ必要になってくるか分かりません。今回は、20代の女性の方で喪服の購入を検討されている方に、購入前に知っておきたい3つのポイントをご紹介します。 ポイント1.購入する場所 20代の方は、はじめて喪服を購入するとき実際どこで買ったらよいのか迷われることもあるでしょう。一般的に、次のようなところで購入されている方が多いようです。 百貨店やショッピングモール 衣料量販店 喪服通販の専門店 喪服は、百貨店や量販店などで買えますが百貨店は品質が良いぶん価格も高すぎて躊躇する方も多いでしょう。量販店は安く購入できても選べるデザインが少ない、というデメリットがあります。 そこでおすすめなのが、喪服通販の専門店です。周りの人と、ちょっと差をつけたいと思っている方なら通販で買ってみる価値は大いにあります。 試着サービスを利用して不安も解消! とはいえ、通販で1番心配なのが試着できない点。しかし、最近は通販でも試着サービスをしているところが増えています。 このサービスを利用すれば、通販で洋服を買う時にありがちな「サイズ間違い」「商品写真と実物のイメージが違った…」といったトラブルや、不安も解消できて安心です。 ポイント2.おすすめの喪服のデザイン 黒でシンプルな喪服だからこそ、その違いがはっきりでます。 デザインによってスタイルがよく見えたりかわいく見えたり、生地や素材の違いでも上品で女性らしい装いにもなるでしょう。 ジャケットのタイプで若々しさを演出 20代で着る女性の喪服なら、デザインのどこかに丸みをもたせることでおしゃれでかわいらしい印象を与えてくれます。 ジャケットのタイプによってもイメージは随分と変わってくるでしょう。 ボレロジャケット:丈が短めのボレロなら、若々しくかわいらしい雰囲気を演出してくれます。 ショールカラージャケット:かわいらしく上品なショールカラー。ジャケットの裾に丸みを帯びたものは、女性らしさを演出してくれます。 Bテーラージャケット:どんなシーンにも合うテーラージャケット。カチっとした襟ではなく、襟の先に丸みをもたせたBテーラーであれば、かわいらしく女性らしいフェミニンな印象に。 リボン付きタイプでかわいらしい雰囲気に 短め丈のジャケットやウエストの位置が高めに見える切替があったり、リボン付きのデザインも若々しいイメージを与え20代の女性にぴったり。 リボンも取り外しできるタイプが多いので、シンプルに着こなすことも可能です。 スカートはタイトよりフレアがおすすめ スカートはタイトなものより、フレアなど上品に広がるタイプが動きやすくしわにもなりにくいのでおすすめです。 スカート丈には要注意! 女性の喪服の場合、気を付けたいのがスカートの着丈です。20代の若い女性であっても、ひざが見えてしまう着丈のスカートはNGですので十分に注意しましょう。 ポイント3.気になるお値段 「ファーストフォーマル」として購入される、20代女性など若い世代の方なら1着目から高額な喪服でなくてもよいでしょう。 ある程度の価格のものなら見劣りすることもありませんので、値段で引け目を感じる必要はありません。 価格の違いは“黒” 喪服の価格による違いは「黒色」です。高価な喪服ほど上質な黒、漆黒に近い深みがあります。できるだけ濃い黒の喪服を選ぶようにしましょう。 20代におすすめしたい喪服 これから喪服を着る機会が増えていく20代。喪服にも、シンプルなものから可愛らしいものまでタイプはさまざまです。好みやこれからの着用シーンを考えながら、自分にピッタリの喪服を見つけてみてください。 MONOIRブラックフォーマル アンサンブル FX4F002A 少し短めの着丈が可愛い喪服。喪の席でも問題のない長さなので、安心して着ることができます。 ジャケットにはグログランブレードを施し、上品な雰囲気を演出します。裏地にピンクのラインを入れることで、ジャケットを脱いだ際にも女性らしくオシャレな印象に。 ワンピースの袖は透け感のあるシフォン素材なので、女性の気になる二の腕を隠しながらも、軽くて美しいシルエットに見せてくれます。若々しい20代らしさを引き立てる、上品で可愛らしい印象の喪服です。 >「MONOIRブラックフォーマル アンサンブル FX4F002A」の商品詳細はこちら サテン使い ノーカラーブラックフォーマル アンサンブル02P01157 ベーシックを極めたスタイルで、女性らしい凛とした美しさを表現した喪服。 仕立て映えのよい経二重織りと光沢のあるサテンを使用し、エレガントで美しい仕上がりになっています。ジャケットもワンピースもシンプルなデザインのノーカラーで、首周りをスッキリ見せます。 可愛らしい印象のリボンは取り外し可能で、シーンによって使い分けが可能。少し高い位置のウエスト切り替えで、スタイル良く見せるのも嬉しいポイントです。 シンプルでベーシックなスタイルなので、流行りに流されず長く着ることができる喪服。あらゆるシーンに対応できるので、20代のみならず幅広い世代におすすめしたい1着です。 >「サテン使い ノーカラーブラックフォーマル アンサンブル02P01157」の商品詳細はこちら ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01159 落ち着いた雰囲気で飽きのこないシンプルさが魅力の喪服。 ノーカラーのジャケットは首周りがスッキリとし、ネックレスをひと際上品に見せることができます。ウエストの位置を高くすることで足を長く見せ、後ろ姿も清楚で美しい印象に。 ワンピースの袖には柔らかなシフォン素材を使用。二の腕が気になる女性でも、ワンピース1枚だけで上品に着こなすことができます。女性らしいフレアのスカートは、立った状態で膝が少し隠れるほどの丈なので、喪の席にふさわしい落ち着いた印象です。 あらゆる世代の方に着こなしていただける喪服。20代の方もぜひ1着持っておくと長く活躍します。 >「ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01159」の商品詳細はこちら デザインや品質で周りの人と差をつけるなら デザインにも品質にもこだわった喪服を販売しているモノワール。専門店だからこその品質とリーズナブルな価格でご提供しています。デザインや品質で、周りの人と差をつけるならモノワールをご覧ください。

女性の喪服に合わせたバッグの選び方

喪服について

女性の喪服に合わせたバッグの選び方

喪服を着る際、女性が意外と困ってしまうのがバッグです。喪服も大切ですが、バッグの選び方をひとつ間違ってしまうと浮いてしまうことも。 今回は喪服にふさわしいバッグの選び方をご紹介いたします。 女性が喪服に合わせるバッグとは 喪服にかぎらず、服とのバランスで重要な役割を果たすのがバッグです。 お店には慶弔用として種類も多く売られていますが、喪服に合わせることを念頭に置きマナーを守って選びましょう。 喪服用バッグの色は黒が基本 喪服に合わせるバッグは、つやのない黒色が基本で、生地は布素材がよいでしょう。 飾りや模様も入っていない、シンプルな無地であれば和装・洋装問わず合わせやすいのでおすすめです。 殺生を意味することから毛皮や革のバッグはNGとされてきましたが、近年では革製の黒のバッグを持たれる方も増えています。 革でもクロコダイル調やバックスキンなど動物を連想させるものは避け、できるだけ光沢のないシンプルなタイプを選びましょう。 喪服用バッグのデザインはどこまでOK? 喪服では、ブランドのロゴが目立つデザインやキラキラした装飾がついているバッグはマナー違反です。留め金に金属が使われているものもよくありません。 喪服を着た時にそのバッグを持つ自分を想像し、悲しみの席にそぐわないものは避けましょう。 バッグのサイズ選びのポイントは? 喪服に合わせるバッグは、小ぶりなハンドバッグサイズがほとんどです。あまり物が入らないのが難点ですが、だからといってトートバッグやショルダーのついたバッグは、ビジネスシーンのようで喪服には適しません。 しかし、香典、数珠、財布、ハンカチ、ティッシュ、携帯、ストッキングの予備…と持ち物は割と多いのが実情。 ポイントは、小ぶりでもできるだけマチが広く、口がしっかり開くものを選ぶこと。小物が取り出しやすく、いざというときに慌てることがありません。 長く愛用できるかをチェック 喪服用のバッグは、一度購入したら何回も買い換えをするものではありません。そのため、季節問わず長く使えるように、シンプルなデザインを選ぶと便利です。 葬儀では椅子や床にバッグを置くことも想定されるので、底鋲がついた底が汚れにくいタイプだとなおよいでしょう。 内側に仕切りポケットがあるものとないものがありますが、長く使うために使い勝手がよい方を選ぶことが大切です。 喪服にサブバッグは必要? 人によっては老眼鏡やお手伝い用のエプロンなど、かさばるものが必要になる場合も。そんなときに活躍するのがサブバッグ。サブバッグがあれば、急に荷物が増えた際にも安心です。 フォーマルバッグとセットで売られていることが多いので、一組購入しておくといいでしょう。 喪服用サブバッグはどんなタイプがおすすめ? サブバッグはフォーマルバッグと一緒に持っても違和感のない、黒のシンプルなデザインが合わせやすく便利です。サイズはA4くらいの長方形が一般的。 冬の葬儀に参列する場合は、防寒対策として手袋や折り畳み傘をいれておくのにとても重宝するので、女性はぜひ持っておくことをおすすめします。 もしものときに備えてしっかり準備しましょう 突然の訪れる訃報で慌てて喪服など準備する方も多いはず。その中で意外と忘れがちなのがバッグです。何かと荷物が多い女性にとって、バッグは必需品。うっかり準備し忘れないためにも、普段からもしものときに備えた用意をしておくことが重要です。 喪服に合わせたいおすすめのバッグ4選 モノワールでは、悲しみの席にふさわしいフォーマルバッグを多数取り揃えています。大人の女性におすすめしたい魅力が盛り沢山です。 ポイント1 喪服に合わせやすい布製フォーマルバッグ 殺生を連想させる毛皮や革製のバッグ、金属などの金具を使用したバッグはできるだけ避けたいもの。扱っているバッグはすべて布製なので、安心して持つことができます。 ポイント2 マチが広く小物の出し入れがスムーズ マチが広く内側にポケットもついているので、小物の出し入れも快適です。 ポイント3 サブバッグと袱紗がセットに サブバッグと袱紗はシンプルなデザインなので、どんなシーンでも使い勝手抜群です。サブバッグは、急に荷物が増えたときなどに備えてバッグに入れておくと安心。黒の袱紗は、大人の女性のマナーとして必ず持っておきたいアイテムです。 今回は女性の喪服にピッタリの、おすすめフォーマルバッグ4点をご紹介します。 フォーマルバッグ 6081 シンプルながらも、さりげないリボンで女性らしさを演出するフォーマルバッグ。 丸みのあるラインの中に隠れた小さめのリボンは、可愛らしくも上品で大人の印象を与えます。裏面に4点の底鋲があり自立するので、地面に直接触れることがなく汚れがつきにくい設計に。 可愛すぎずシンプルすぎないデザインは、さまざまなシーンで長く使用することができます。幅広い世代の方にご満足いただけるフォーマルバッグです。 >「フォーマルバッグ 6081」の商品詳細はこちら フォーマルバッグ 9069 丸みのあるラインと大きめのリボンが可愛いフォーマルバッグ。 インパクトのあるデザインで、女性らしく可愛らしい雰囲気を演出します。サイドに膨らみを持たせることで、幅が広く小物などをよりたくさん入れることができます。 リボン付きの喪服などと合わせて持つと、より女性らしい着こなしに。若々しい印象を与えるフォーマルバッグは、20代や30代の若い女性にピッタリです。 >「フォーマルバッグ 9069」の商品詳細はこちら フォーマルバッグ 9118 大きめのラインとリボンが大人可愛いフォーマルバッグ。 4点底鋲が裏面についているので、大切なバッグを傷や汚れから守ります。他のものと比べてマチが広めなので小物の出し入れも簡単。何かと荷物が増える女性には嬉しい設計です。 リボンの可愛さが印象的なので、悲しみの席でもしっかりと女性らしさを演出します。大人らしい可愛さと機能性を備えたデザインは、女性の強い味方です。 >「フォーマルバッグ 9118」の商品詳細はこちら フォーマルバッグ 6042 シンプルさを極めた上品なフォーマルバッグ。 軽く角のあるラインは、女性のエレガントで美しい魅力を引き出します。バッグが地面に直接つかないよう、4点底鋲がついているのもポイント。シンプルなデザインは、流行りに流されることなく長く使用することができるでしょう。 あらゆるシーンでどの世代の女性にもご使用いただけるので、1つ持っておくと安心のフォーマルバッグです。 >「フォーマルバッグ 6042」の商品詳細はこちら 女性の喪服バッグはモノワールで バッグは女性の第一印象を変えてしまうくらいインパクトがあるものですので、喪服に合わせるバッグはできるだけシンプルで上質なものを選びましょう。 モノワールは、上品なデザインでお求めやすい価格のフォーマルバッグを揃えています。扱っているバッグはすべて布製ですので、喪服に合わせるのも安心。 マナーをしっかり守りながら、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

オールシーズン使える女性の喪服とは?

喪服について

オールシーズン使える女性の喪服とは?

成人したら一着は持っておくべき喪服。迷ったら、女性はオールシーズン使えるものが便利です。 小物を足したりインナーを工夫したり、1年を通じて着回せるおすすめの喪服をご紹介します。 喪服のオールシーズン対応とは 喪服にはオールシーズン対応とうたっているものがあります。 一般的には、女性用はジャケットまたはボレロにワンピースやスカートがセットになったアンサンブルタイプがほとんど。 素材も軽すぎず、重すぎない適度な生地なので、季節に応じて組み合わせを工夫すれば1年中着用できます。 上下を別々に単品同士で合わせてしまうと、同じ黒でも素材や色味が違ってちぐはぐした印象を与えることがありますので、同じフォーマル生地を使ったオールシーズン対応のセットがおすすめです。 暑い夏でも大丈夫? オールシーズンの喪服には、真夏も着用できるように七分袖のワンピースがセットになっているものが多くあります。 近年の猛暑もありますので、喪服として売られているワンピースであれば一枚でOK。 ただし、喪服は肌の露出を抑えることがマナーですので、冷房が効いている室内ではボレロやジャケットを羽織ることをおすすめします。 オールシーズン対応の喪服選びのポイント オールシーズン対応できる喪服といってもいろいろなタイプがありますので、押さえておきたいポイントをいくつかご紹介いたします。 飽きのこないデザインを選ぶ 喪服は何度も買い直すものではありませんので、流行に左右されないデザインを選ぶことで長く着用できるでしょう。 オールシーズン着回すものであれば、シンプルでベーシックなものが重宝します。 サイズ選びを慎重に オールシーズン着ることを考えると、サイズは気持ちゆったりしたものを選ぶとよいでしょう。あまりにジャストサイズで体のラインが出すぎてしまうのは喪服のマナーに反します。 冬は厚手のインナーを下に重ねることも。着ぶくれした後ろ姿はあまり美しいものではありませんね。 スカート丈は短すぎず 女性の喪服は、ワンピースかスカートがほとんどなので購入時には丈をしっかりと確認しましょう。スカート丈は短すぎず、膝が隠れるくらいが理想です。 弔事は立ったり座ったりの動きが多いので、裾がフレアになっているものは足を動かしやすいですね。 年代別 女性におすすめの喪服は 喪服は、だいたい10年先も着られるデザインを選ぶとよいといわれています。年代によっておすすめのデザインがありますので、ご紹介いたします。 10代後半~20代女性の喪服 喪服のマナーはしっかり守り、女性らしいやさしい雰囲気のデザインがおすすめ。ボレロやフレアスカートは柔らかさが出て、若々しい女性にぴったりです。 オールシーズン対応のアンサンブルタイプが1着あれば十分でしょう。 30代女性の喪服 妊娠や出産が想定され、体型が変わりやすくなるのが30代。子どもを抱っこしながら参列することも考えられるので、サイズ選びは比較的ゆとりがあるものを。 前開きなど、脱ぎ着しやすいタイプを選ぶこともポイントです。 40代~50代女性の喪服 昔に購入したデザインやサイズが合わなくなり、この頃からオールシーズン対応の喪服に買い替えされる方が多いよう。 ジャケットやスカート丈はロングを選ぶと、体型をカバーしつつもエレガントさが加わるのでおすすめです。 女性の喪服はオールシーズン対応でスマートに 訃報は、季節を問わず突如やってくるもの。大切な人とのお別れも慌てずにむかえれるよう、オールシーズン対応の喪服を用意しておくのが大人の女性のマナーです。 モノワールは、洗練された上品なブラックフォーマルを豊富に取りそろえております。年代や体型、お好みに合わせてお選びください。

冬の女性の喪服選びについて

喪服について

冬の女性の喪服選びについて

冬の葬儀では、女性はどんな喪服がふさわしいのでしょうか。場所によっては暖房設備がないところもあるので、事前の寒さ対策は必須です。 寒い冬の季節に合わせた、女性の喪服選びとマナーについてご説明いたします。 冬の喪服の選び方は 冬に最適な、暖かいウール素材の喪服も売られていますが、もともと出番の少ない喪服を季節ごとに揃えるのは現実的ではありません。 そこで便利なのが、女性の場合はジャケットとワンピースがセットになったアンサンブルです。一着持っていると、季節問わず着回すことができます。 それでも寒い場合は、プラスして防寒対策をしましょう。 冬の喪服にはコートが重宝 待ち時間も想定される冬の弔事には、長めのフォーマルコートが一着あると便利です。色は黒が基本ですが、黒に近いグレーか紺までは許容範囲でしょう。 ダウンジャケットやフード付きのカジュアルなコートは、黒であっても喪服に適していません。また、素材やデザインにも注意が必要です。 毛皮や本革は殺生を連想させるため、ふさわしくありません。ボタンがキラキラしているものやファーが付いている華美なデザインも避けましょう。 喪服に合わせる冬用インナーは 喪服に合わせるブラウスや、下着として着用するインナーも選び方にポイントがあります。 女性はブラウスも黒が基本 ジャケットの中にブラウスを着る場合でも、女性は黒を選びます。 男性のワイシャツは白なので白のブラウスでも問題ない気がしますが、女性は黒ですので間違えないよう気をつけてください。 ブラックフォーマルとして売られているシンプルなブラウスが一枚あると、弔事以外でも使えて便利です。 冬にしっかり防寒をしたいのであれば、喪服にひびかない程度の薄手のニットを重ねてみてもよいでしょう。着込んでいることを見せないようにするのもマナーのひとつです。 下着は厚みのある暖か素材で 冬のお寺の葬儀や外での待機が長い場合は、保温効果がある起毛のインナーを着用するのもおすすめです。色は黒で、シンプルな無地タイプがおすすめです。 葬儀や法事は立ったり座ったり、体勢が変わることがとても多いもの。あまり下に着込みすぎてしまうと体の曲げ伸ばしがしづらくなるので気をつけましょう。 場所やその日の気温によってインナーでうまく調整できれば、季節に左右されず快適に過ごせます。 女性の喪服に合わせる冬小物は 女性の喪服は、冬はとても足元が冷えてしまうので寒さ対策で小物を上手に使いましょう。いざというときに慌てることがないよう、少しずつ揃えておくとよいですね。 喪服に合わせるストッキングは 喪服に合わせるストッキングは季節問わず、肌がうっすらと透ける黒を選びます。 冬の寒さが厳しいときは、黒の無地であればタイツもOKとされていますが、60デニールくらいまでが適しています。それ以上厚くなるとカジュアルさが増してしまいますので、マナーとして避けたほうが無難です。 冬の喪服にストールや手袋はOK? お焼香や出棺時には厳禁ですが、外で待つときなどはストールや手袋も着用可能です。 小物も色は黒が基本ですが、どうしても準備できない場合はグレーや紺でも問題ありません。 ただしキラキラした飾りが付いているものやラメが入っているものはNG。喪服にふさわしい、黒の落ち着いたデザインを用意しておくと冠婚葬祭で使えますよ。 冬におすすめモノワールの女性の喪服 寒い冬の季節におすすめモノワールが取り扱っている女性の喪服をご紹介します。葬儀などで長時間着用しなければならない喪服は、冬でも快適に過ごせる喪服がおすすめです。 サテン使い ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01157 フォーマルの基本に則っとりながらも、サテン使いなどデザイン性の高い、ノーカラーのアンサンブルです。 生地は経二重織り素材を使用。高級感のあるしっかりとした素材で、冬はもちろん一年を通して着用できます。サテンを縁取った丸型のノーカラーのジャケットは、お顔まわりがすっきりとして見え、衿元のアクセサリーなども映えます。 取り外し可能なリボンもついて、シーンに合わせたコーディネートが可能。袖口にスリットが入ったジャケットは、折り返したまま着られるので、急なお手伝いにもすぐに対応できます。 ウエスト部分に切替えがあるワンピースは、スタイルよく見える細身効果や、美脚効果が期待できます。 >「サテン使い ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01157」の商品詳細はこちら ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01159 ノーカラージャケットでベーシックなアンサンブルは、上品に着こなせるだけでなく、流行りに左右されずに長く着られて、大人の女性におすすめの喪服です。 シンプルなデザインでありながら、サテンやリボンをあしらうなど可愛らしさをプラスして、若々しく着回せるのもポイントです。ワンピースにある胸元のサテン切替えによって、脚も長く美しく見える効果も。 濃染加工によって染め上げられたフォーマル生地は、上品なブラックで高級感ある仕上がりに。しっかりとした生地は冬にも最適です。 >「ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01159」の商品詳細はこちら 冬の喪服は寒さ対策を上手に取り入れて 女性が着る冬の喪服は、寒さ対策を上手に取り入れたり、ポイントを押さえて、寒い日でも快適に着られる喪服を選びましょう。 女性の喪服はマナーが細かいですが、難しいことはありません。ご遺族のお気持ちや、故人を偲ぶ想いが伝わるスタイルを心がけることが大切です。 モノワールは喪服や礼服を専門に、女性らしいデザインを数多く取り扱っています。リーズナブルで高品質なブラックフォーマルはぜひ、当店でお買い求めください。

大きいサイズの女性用喪服を選ぶときのチェックポイント

喪服について

大きいサイズの女性用喪服を選ぶときのチェックポイント

標準より大きいサイズの女性用の喪服は、なかなか自身の体形に合ったものが見つからず、不格好に見えるなど、困っている女性も多いようです。 そこで今回は、大きいサイズでも、きちんと素敵に着こなせる喪服選びのポイントをご紹介します。 大きいサイズの女性用喪服の特徴 大きいサイズの喪服は、標準サイズよりも横幅を広くデザインしたもの。一般的な大きめサイズだと、普通体形の人の平面的な型紙を数センチずつ、バストやウエストを広げただけ、という作りがほとんどです。 そのため、どのサイズを着ても体のラインにフィットせず満足できないという女性も少なくありません。 大きいサイズを選ぶときによくある悩み 女性用の喪服で、大きいサイズを選ぶとき、次のような悩みや経験はありませんか? どうしても引っ張りじわが寄ったりして、美しく着こなすことができない。 一回り大きいサイズは、ブカブカすぎてなんだか寸胴に見えてしまう。 大きいサイズは、デザインが少なく、気に入った喪服を選べない。 体形をスッキリ見せられない。 大きいサイズは価格も高くなる。 大きいサイズでも素敵に着こなせる喪服とは ただサイズが大きいだけの喪服を選ぶのではなく、大きいサイズの専門店で購入したり、サイズオーダー、補正サービスを上手に利用してみるのもおすすめです。 大きいサイズの女性用喪服の専門店で選ぶ バストや体の丸みなどのラインに、大きめに合わせた型を使っている専門店を選ぶと、ゆったりした着心地なのにスッキリ着られます。 型からこだわって作った喪服は、女性の体のラインもきれいに見せてくれて、おしゃれに体形をカバーできるタイプが多いでしょう。 最近は、大きいサイズでも、きれいに着こなせる喪服や、デザインが豊富なショップも増えてきています。選択肢の幅も広がっていますので、その場しのぎで選ばずに納得できるところで購入しましょう。 サイズオーダー・補正サービスを利用する 既製服の場合、どうしても自分の体にフィットしないことがあります。サイズ選びで苦労している方は、サイズオーダーや補正サービスを行っている喪服の専門店での購入を検討してみるのもおすすめです。 ただ大きいだけの女性用の喪服と違って、着心地の良さ、体型補正の効果も期待できるでしょう。 大きいサイズの喪服選びのチェックポイント 女性用の大きいサイズの喪服選びには、次のようなポイントもチェックしてみてください。 着やすさ、脱ぎやすさ 動きやすさ 着心地 女性らしいデザイン なかには、体形の変化に備えて、今より大きいサイズをと考えている女性もいるかもしれません。将来の体形の変化を想定しておくことも、喪服選びでは大切なポイントです。 大きいサイズでも女性らしく素敵に着られる喪服を 大きいサイズの喪服は、自身の体形にうまくフィットせずなかなか合うものが見つからないので、きれいに着こなすのは無理だと諦めていた女性も多いと思います。 しかし、大きいサイズであっても美しいシルエットで女性らしく素敵に着こなせる喪服はきっと見つかるはずです。 モノワールが自信をもっておすすめしている喪服は、脱ぎ着のしやすく大きいサイズながらも女性の美しさを表現します。他とは違った洗練されたスタイルの喪服として発売以来、大人気の商品をこの機会にぜひご覧ください。

小さいサイズの女性用喪服の上手な選び方

喪服について

小さいサイズの女性用喪服の上手な選び方

小さいサイズの女性用喪服をお探しの方に、きっと役立つ情報がここにあります。既製服の場合、なかなか自身の体にフィットするものが見つからず、苦労する女性も多いはず。そこで今回は、小さいサイズの女性用喪服を選ぶときのポイントをご紹介します。 こんなお悩みはありませんか? 女性用喪服の標準サイズは、だいたい7号~11号。それよりも小さいサイズになると、選べるデザインが少なかったり在庫も少ない場合があります。 小柄の女性の場合、小さいサイズの喪服を選ぶときにこんなお悩みはありませんか? 小さいサイズでも袖丈やスカート丈が長く感じる 標準体型の商品と比べて選べるデザインが少ない ジャストサイズがみつからず着心地がよくない 体にフィットせずきれいなボディラインに見せられない 急に必要になったとき小さいサイズは探すのが大変 小さいサイズでも美しく着こなせる喪服選びのチェックポイント 身長が150cm前後の小柄の女性では、サイズの号数を小さくしても袖丈・スカート丈が合わずに長めになったり、どうしても「喪服に着せられてる感」が出てしまいます。そのため、ただサイズの号数だけを見て喪服を選ぶのはおすすめできません。 きれいに着こなせる喪服選びの大切なポイントは、次の通り。袖丈・着丈・スカート丈の寸法が、自身のヌード寸法より長すぎないかをよく確認することです。また、ボディラインがスッキリ見えるかもチェックしてみましょう。 袖丈 一般的なスーツの場合は、手のくるぶしが隠れる長さに合わせますが喪服の袖丈はそれよりも少し長めがよいされています。 着丈 ワンピースの上に羽織るジャケットタイプなら、小柄な女性の場合は、少し短めの着丈を選ぶとウエストまわりがスッキリとしてスタイルも良く見えます。 スカート丈 身長が低めの方は、小さいサイズでもスカートの丈が長く感じることがあります。デザインではなく、ただ長いと「着られてる感」が強く出てしまいます。スカート丈は、ひざが隠れる長さでひざ下5cm~7cmぐらいが丁度よいでしょう。 ボディライン 喪服は原則、体のラインがくっきり出るのはNGです。しかし、腕まわり・バスト・ウエストがダボついてサイズが合っていないとだらしない印象を与えかねません。 小さいサイズでもメリハリのあるデザインを選んで、ボディラインをきれいに見せてくれるものがよいでしょう。 ショップによっては、立体製法で同じ号数でも小柄な女性を対象にして袖丈・スカート丈などの縦幅を短くデザインした喪服を販売している場合もあります。 このように、こだわって作られた喪服は、きれいに着こなせるものが多いでしょう。 実寸サイズで比較する サイズは、各メーカーの規格ごとに異なることが多いので、表記サイズだけではなく実寸サイズと自身のヌード寸法を比較してから購入する方が失敗も避けられるでしょう。 表記サイズとは、商品についているタグなどに記載されているサイズのこと。実寸サイズとは、実際に着用した場合の出来上がり寸法で表記サイズとは異なります。 小さいサイズでも自然で美しいシルエットを実現 「デザインも選べず、きれいに着こなせない」と、諦めていませんか?決して安い買い物ではない喪服。厳粛な場で着るものなので、妥協しないで納得できる喪服を選んでください。 モノワールの喪服は、自然で美しいシルエットを実現させ、身長の低い女性にも丈直しをぜずとも着用いただけるコンパクトなデザインとなっています。 女性を美しく見せるためにすべての丈の長さを短く、かつ全体のバランスを調整しました。小さいサイズで満足できる喪服に出会えない…とお悩みの方は、素敵に着こなせる1着がモノワールなら見つかりますよ。

30代の女性に似合う喪服選びのポイント

喪服について

30代の女性に似合う喪服選びのポイント

30代女性に似合う喪服や、選ぶときに気を付けたいポイントなどをご紹介します。 あまり気にしないで購入して、周囲から“常識がない”と思われてしまっては大変です。常識ある大人の女性として最低限のマナーをふまえた喪服選びが大切でしょう。 気になる予算は? 喪服は主に、デパート・ショッピングモール・量販店・通販などで購入できますが、価格については、品質やどこで買うかなどによってピンキリです。 30代女性の喪服の相場 デパートで購入する場合なら、7万円~9万円台が平均的な相場です。それぐらいの予算で考えていれば、お悔やみの席などの場でも見劣りしたり気後れするなことはなくデザイン的にも豊富に選べます。 ただ、同等の品質でもデパートでは高く売られていたりすることもあるのは事実。見た目の値段に騙されずに、しっかりとしたものを選びましょう。 30代女性に人気の高いおすすめのデザイン 30代女性に人気の高い、上品で大人可愛いデザインを取り入れた喪服がおすすめです。 季節を問わず着られる「アンサンブルタイプ」 ワンピースとジャケットがセットになったアンサンブルタイプは、とても人気が高いデザインです。 ジャケットとの組合せや着こなしによって、どんな季節でも着まわせるタイプが多いのも魅力。1着持っていると重宝する喪服です。 エレガントな装いになる「ワンピース」 可愛さの中にも上品で、女性らしい落ち着いた雰囲気のある喪服になります。襟元が詰まった長袖で、スカート丈もひざ下からくるぶし丈のものなら正喪服として着用できます。 喪主やその配偶者・遺族・近親者の立場で着られる格式高いワンピースが1着あると安心です。 デザイン性が高い「ブランド喪服」 30代なら、大人の落ち着いた雰囲気も出したい年齢です。「でもまだ可愛さも欲しい」という女性には、デザイン性が高いブランド喪服がおすすめです。 ブランド喪服はつくりも丁寧でしっかりしています。上質なものを1着持っていると、長く着られ厳粛な場でも見劣りすることなく着られます。 選ぶときに気を付けたいポイント 喪服の買い替え時期は、おおよその目安で10年と言われています。30代で購入した場合、40代でも着る可能性も高いのでデザイン・サイズ・品質の良さで選ぶことも大切です。 サイズ選びは慎重に 30代の女性ですと、出産したり年齢を重ねることで、体形が変化することも考えられます。あまり今の体形にぴったりのサイズを選ぶと、少しの体形変化で着られなくなってしまう可能性がでてくるので、少しゆとりがあるものなどサイズ選びも慎重に。 動きやすく縫製がしっかりした喪服を 30代と若い頃ですと、お手伝いを頼まれたり何かと動き回る場面も多くなるかもしれません。動きやすく、疲れない着心地の良いものや縫製がしっかりした質の良い喪服を選びましょう。 後悔しないお気に入りを見つけてから 突然必要になって慌てて購入すると、品質に問題があったりデザインがイマイチでオバサンっぽく見えたりのちのち「失敗した…」と後悔することにもなりかねません。 その場しのぎで選ばずに、長く着られるお気に入りの1着を見つけてから購入しましょう。 30代女性におすすめの喪服 20代の頃よりも大人の雰囲気を出したいけど、40代よりは若々しく可愛らしい印象も保ちたいのが30代。30代は喪服選びにおいて意外と難しい年代と言えます。 しかし若々しさと大人っぽさを兼ね備えるからこそ選択肢は広く、さまざまな喪服を着こなせるのも30代女性です。ぜひいろいろな喪服に挑戦してみましょう。 今回は30代女性におすすめしたい喪服をご紹介します。ぜひ自分らしい喪服を見つけてみてください。 サテン使い ノーカラーブラックフォーマル アンサンブル02P01157 取り外し可能な小ぶりのリボンで可愛くも大人っぽくも着こなせる喪服。生地には仕立て映えのよい経二重織り素材を使用しており、上質で品のある印象を与えます。 ジャケットの胸元にある小さめのリボンは取り外し可能。リボンをつけない状態だとシンプルで凛とした女性らしさを表現でき、リボンをつけるだけで可愛らしい雰囲気にも早変わりします。 ワンピースは半袖なので、夏場はジャケットを脱いで涼しげに。シンプルさの中にも可愛さを忘れないデザインは、30代女性にぜひ選んでほしい1着です。 >「サテン使い ノーカラーブラックフォーマル アンサンブル02P01157」の商品詳細はこちら ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル02P01159 女性らしい清楚なシルエットが美しい喪服。 首周りをスッキリ見せるノーカラージャケットとワンピースは、統一感があり上品でスタイリッシュな雰囲気を演出します。ジャケットのウエストやワンピース切り替えを高めに置くことで、足を長く見せる効果も。 ワンピースの袖口は6分丈のシフォン素材なので、体型が少しずつ気になり始める30代女性にも、1枚で安心して着ることができます。どこから見ても女性らしく清楚な装いで、お焼香の際の後ろ姿などでも目を引くような美しさです。 30代らしい美しさを演出できる喪服となっています。 >「ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル02P01159」の商品詳細はこちら MONOIRで自分らしさをコーディネート みんな同じ黒い喪服だからこそ選ぶ人のセンスに差がつきます。モノワールは個性をいかす黒の服にこだわり、自分らしいコーディネートができる喪服がたくさんあります。 しかもリーズナブルな価格なのも魅力のひとつです。上質な喪服の中からお気に入りを見つけてください。

40代女性の喪服選びのポイントとおすすめ喪服をご紹介

喪服について

40代女性の喪服選びのポイントとおすすめ喪服をご紹介

40代女性が、喪服を選ぶときに役立つポイントをご紹介します。若い頃に喪服を購入されていると、デザインが古く感じたり体形の変化などで40代になってから新たに喪服を買い替える女性も多いようです。 喪服は先を見据えて選ぶことがポイント どのような装いにすると年齢にふさわしく、失礼にあたらないか意外と悩むのが女性用の喪服です。どんな場においても、年齢にふさわしい服装を心がけることは大切なこと。中でもフォーマルマナーは、歳を重ねるごとに厳しく重要になってきます。 40代女性が選ぶ喪服は、50代まで着られるように先を見据えて選ぶことがポイントでしょう。 10年先まで着られる喪服 40代ともなるとお付き合いが増え、喪服を着る機会も少なくありません。せっかく新たに喪服を買い替えるならこの先10年は着られる喪服を選びませんか? 10年着られる喪服を選ぶということは、10年後の自分が着てもおかしくないかが大切です。長く着られてしかも40代女性によく似合う喪服とは、どういったものがあるでしょう。 オーソドックスなデザインを選ぶ 40代女性の喪服として一般的なのは、ワンピースとボレロがセットになったアンサンブルです。また、テーラードジャケットの喪服も40代女性から幅広い年齢層に人気のオーソドックスなデザインです。 今の自分に似合っていても、10年後も似合うデザインかどうかを想像してみましょう。体形の変化もそうですが、長く着られるように流行に左右されないデザインを選ぶことも大切です。 また、40代の女性は仕事を持っていることも多く、会社や取引先での弔事に着用することも考えられます。デザインを選ぶときには、ビジネスシーンでも通用するオーソドックスなものがおすすめ。 体形の変化を想定して 40代の女性というと、徐々に体形が変わる年代でもあります。喪服を購入する際は、ジャストサイズよりもゆったり着られるものがよいでしょう。多少体形が変化しても着られるようワンピースや調整できるタイプがおすすめです。 喪主・喪主の妻・遺族になる可能性を考えて 40代を過ぎて年齢が上がってくると、葬儀・通夜・告別式など弔事の席に参列する機会も増えてきてしまいます。 ある程度の年齢になると、喪主・喪主の妻・遺族になる可能性が高くなるのも仕方ありません。そのとき必要になるのがもっとも格式の高い「正喪服」です。 今まで準喪服しか着たことがないという女性は、この機会に正喪服を選ばれることをおすすめします。日頃から準備しているといざというときでも慌てずにすむでしょう。 喪服選びで失敗しないポイント・お得な買い方 喪服を選ぶときは、サイズやデザインはもちろんですが、次のような点に注意して選ぶのも失敗を避けるポイントです。 品質の良し悪しに関わる「黒色」の違いを見極める 七分袖丈とワンピースのセットなど、季節を問わずオールシーズンで着られるもの 長めのスカート丈が年齢にふさわしく、落ち着いて上品に見える アームホールとウエストにゆとりのあるもの 後ファスナーか前ファスナーかどうかの確認 バーゲン情報を利用してお買い得 お得に喪服が買えるフォーマルバーゲンをしているお店が狙い目。店舗のHPからバーゲン情報を入手してそのタイミングで購入できればお買い得ですね。そのためにも、気になる喪服は日頃からチェックしておきましょう。 40代女性は大人の魅力を引出してくれる喪服がおすすめ 40代女性にとって、礼節を重んじるお悔やみごとの席でのしきたりやマナーは、立派な社会人としてつねに心がけたいもの。また、仕事をもっている40代女性は、ビジネスでの弔事やいろいろなシーンでの着用も考えて喪服を選ぶことも大切です。 モノワールで販売している喪服は、フォーマルマナーをきちんと守り上質でありながらリーズナブルな価格を実現しています。40代の大人の女性の魅力を最大限に引き出してくれる喪服をたくさんご用意しております。ちょうど喪服の買い替えを検討中の方はぜひお試しください。

女性用の喪服はどこで買うのが良い?

喪服について

女性用の喪服はどこで買うのが良い?

女性用の喪服は、どこで買うのが良いか困ったり迷われたりしていませんか? いくつかある購入場所にも、それぞれメリット・デメリットがあります。どこで買うのが価格やデザインなど納得できて自分に合っているのか、今後の喪服選びにお役立てください。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら 一般の女性は喪服をどこで買う? 喪服をどこで買うのがよいのか分からず、「とりあえず親のおさがりを着ている」「黒いスーツでやり過ごしていた」という方も少なくありません。 もうそろそろ、きちんとした自分の喪服を1着購入しようと考えている方は、次のような購入場所があるので、参考にしてください。 購入場所について 百貨店(デパート) ショッピングモール 量販店 ネット通販 女性用の喪服は、百貨店やショッピングモールなどのフォーマルコーナーで購入する方が多いでしょう。ほかには、格安で購入できる量販店やネット通販などがあります。中でもネット通販は、品質・品揃えと充実しているので最近人気が高まっているようです。 それぞれメリット・デメリットがありますので、予算・状況に応じて購入しましょう。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら どこで買う?「品揃えが豊富な百貨店(デパート)」 喪服をどこで買うかと考えると、百貨店を思いつく方が多いでしょう。品揃えも豊富で品質も確かな百貨店なら格式ある喪服が安心して購入できます。 しかし、百貨店は品質が良い分安くても5万円以上したり、だいたい5万~10万円の相場で高めです。予算的に厳しく躊躇される方も少なくありません。 メリット 品揃えが豊富だから選びやすい 知名度があり確かな品質で安心 店員さんからアドバイスがもらえる デメリット 相場が高く予算がかかる >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら どこで買う?「お手頃価格の喪服も見つかるショッピングモール」 ショッピングモールの喪服は、百貨店に比べると、お求めやすい価格になっています。好きなブランドが店舗に入っていたり、お気に入りも見つけやすいでしょう。 メリット お求めやすい価格の喪服から、高級なものまで幅広く販売している ブランドや種類も豊富 デメリット モールの規模によって、価格も品数もバラつきがある >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら どこで買う?「低予算で購入できる量販店」 大手量販店などは、よくバーゲンセールをしているので、お得に購入できます。 メリット なんといっても価格が安い 急な出費がおさえられる バーゲンセールを利用しやすい デメリット 安いだけに品質に不安がある 選べるデザインが少ない >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら どこで買う?「時間がない方におすすめネット通販」 ネット通販といっても、品揃えも豊富で、上質な喪服を販売しているショップが多くなっています。 仕事などで忙しい方は、買いに行きたくても行けない状況にある場合も少なくありません。そんな方は通販が便利でしょう。 メリット 忙しくても、空いた時間を利用して自宅に居ながら購入できる 翌日配送してくれるショップもあって、急に必要になっても安心 好きなブランドやデザインを自由に選べる デメリット 試着できない場合「イメージと違う」「サイズが合わない」という可能性がある 喪服を実際に手にして比較できない 実際に手に取れないことがネット通販のデメリットですが、返品可能なところもあったりするので、しっかりとしたサポート体制があれば安心して買い物することができるでしょう。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら ネット通販でおすすめの喪服4選 どこで買うか迷われたときはネット通販がおすすめ。 喪服・礼服・ブラックフォーマルの専門店であるモノワールでは、さまざまな喪服を取り揃えています。日本最大級の喪服通販サイトだからこそ、おすすめしたいポイントがたっぷりです。 ポイント1 即日発送 14時までの注文で当日発送。最短3時間以内ですぐに発送します。急な訃報で喪服が必要になったときでも、すぐに届くので安心です。 ポイント2 返品・交換OK 商品到着後7日以内でしたら返品・交換が可能。サイズが不安でも安心して購入することができます。※細かな印象の違いについてはご容赦願います。 ポイント3 送料無料 10000円以上のお買い上げで全国どこでも送料無料。リーズナブルなお値段のままお買い物ができます。 >最短翌日お届け レディース喪服の購入はこちら 今回は、モノワールおすすめの喪服をご紹介します。 サテン使い ノーカラーブラックフォーマル アンサンブル 02P01157 フォーマルの基本に沿ったシンプルなデザインの喪服。 ジャケットの襟元はサテンを縁取った丸みのあるノーカラーで、スッキリとした印象に見せます。取り外し可能なリボンで可愛さをプラスすることも可能。袖にはスリッドが入っており、お手伝いの際も邪魔にならいのも嬉しいポイントです。 シンプルで飽きのこないデザインのワンピースは、1枚で着用してもOK。少し高めにウエスト切り替えを置くことで、スタイル良く足を長く見せることができます。 誰からも好まれるシンプルなデザインは、幅広い年代の女性に着こなしが可能。迷ったときにはぜひおすすめの喪服です。 >「サテン使い ノーカラーブラックフォーマル アンサンブル 02P01157」の商品詳細はこちら ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01159 上品にシンプルに着こなせる大人の女性のための喪服。 首周りをスッキリ見せるノーカラージャケットは、ネックレスを上品に際立たせます。胸元の小ぶりのリボンで女性らしいおしゃれさが加えられています。 ワンピースの袖にはシフォン生地を使用し、上品で軽やか美しさを演出。袖口はサテン切り替えにスリッドを入れており、おしゃれで動きやすい設計になっています。柔らかな印象のフレアスカートは、上品に見せながらも楽に動けるのが魅力。 大人の女性にぜひ着こなしていただきたい喪服です。 >「ノーカラー ブラックフォーマル アンサンブル 02P01159」の商品詳細はこちら どこで買うか迷われたときは、ぜひモノワールで 喪服を購入する場合、どこで買うのが自分にとっていちばんメリットが大きいか考えてみましょう。もうひとつ気を付けたいポイントは、お悔やみの席などの厳粛な場では失礼にならない装いでいかにマナーを守るかです。 どこで買うかそれぞれメリット・デメリットがありますので、自身に合う場所をよく検討してから購入しましょう。 モノワールは、リーズナブルな価格で上質な喪服・礼服・ブラックフォーマルを販売している専門店です。ご注文後も速やかな配送により利用しやすくなっています。どこで買うか迷われたときは、ぜひモノワールで!

知っておきたい基礎知識“ブラックフォーマルとは”

ブラックフォーマルについて

知っておきたい基礎知識“ブラックフォーマルとは”

ブラックフォーマルとは、冠婚葬祭の席にふさわしい改まった装いのこと。ここでは、ブラックフォーマルの特徴や種類など購入するときに知っておくと役立つ基礎知識についてまとめました。 ブラックフォーマルとは ブラックフォーマルとは、日常着とは違う改まった装いの礼服を意味しています。冠婚葬祭の時にふさわしい衣服とされ特に黒のものを指して「ブラックフォーマル」と呼ばれています。 男性用と女性用のブラックフォーマルの特徴については、次のようなものがあります。 女性用のブラックフォーマルとは 女性用のブラックフォーマルには、慶事用や弔事用で分かれているタイプと慶弔で着回しできるタイプがあり、それぞれ色やデザインや織りも光沢も違います。 しかし女性の場合ブラックフォーマルとは、葬儀や通夜、法事などの弔事で着る喪服と考えられているほうが多いようです。 喪服としてのブラックフォーマルのコーディネイトは、光るものを避け華美にならないようオーソドックスな装いが基本。 着回しできるタイプなら、たとえば色違いのジャケット2着とワンピースがセットになっているものがあります。組合せによって結婚式や学校行事からさまざまなセレモニーまで幅広いシーンに対応できるようになっているのが特徴です。 男性用のブラックフォーマルとは 男性用のブラックフォーマルには、特に慶弔用というものはありません。主に礼服と考えて、ネクタイを白や黒に変えることで冠婚葬祭でもオールマイティに着ることができます。 男性の場合、一般的にブラックフォーマルとは、ブラックスーツを指すことが多く準礼装にあたります。日本人の成人男性にとっては一番スタンダードな礼服と言えるでしょう。 普段着とは違う上質な素材感と黒色 ブラックフォーマルとは、上質な素材が使われており黒色にしても日常着との差は歴然です。ですから、同じ黒色だからとスーツなど、普段着で代用することはできません。 急な訃報が届いた時などでもきちんとした装いで出席できるようブラックフォーマルは、日頃から準備するべき大切なアイテム。 結婚式・入学式・お葬式など、人生の節目で必要となるセレモニースーツとして格式あるブラックフォーマルを1着は用意しておくと安心ですよ。 ブラックフォーマルの種類 喪服となるブラックフォーマルには、3つの格式があります。 正喪服 最も格式高い装い。喪主・遺族など、主催者側の立場にある人や故人と縁が深い人が着用します。 準喪服 一般的な葬儀・通夜・一周忌までの法事など多くの場合で着用でき、幅広いシーンで使える装いです。 略喪服 急な弔問・通夜・三回忌以降の法事で着用できる喪服。最近多くなっている「お別れ会」などの席にも向いてる装いです。 立場によって格式あるブラックフォーマルを ブラックフォーマルを着る席であれば、普段以上にマナーが要求されるものです。そのためにも、マナーやルールを予備知識として普段から心得てふさわしい服装で臨むべきでしょう。 上質なブラックフォーマルは、色・仕立ても美しく黒さが際立つ漆黒です。品のあるブラックフォーマルを着用することも常識ある大人として大切なマナーのひとつ。 モノワールでは、どこに着て行っても見劣りすることのない、上質なブラックフォーマルをリーズナブルな価格で販売しています。豊富なラインナップの中から自分らしい1着を見つけてください。

レディースのブラックフォーマル選びに役立つポイントとは

ブラックフォーマルについて

レディースのブラックフォーマル選びに役立つポイントとは

レディースのブラックフォーマルの種類や格式など特徴についてまとめました。これから購入を考えている方は、今回ご紹介するポイントをおさえてレディースのブラックフォーマル選びの参考にしてください。 礼服の中でも黒いものが「ブラックフォーマル」 冠婚葬祭の席で着用する改まった装いが礼服です。レディース用の礼服は、昼と夜で格式別に分類されていてカラーフォーマルウェアとブラックフォーマルウェアがあります。 そのうち、特に黒を指して「ブラックフォーマル」と呼んでいます。 地域や習慣などによって違いはあるかもしれません。しかし、女性の場合であればブラックフォーマルとは葬儀・通夜・法事などの弔事の席で着用する服装と考える方が多いようです。 一般的に、「レディースのブラックフォーマル=喪服」と覚えておくとよいでしょう。 レディースのブラックフォーマルの種類 礼装における格式が第一礼装、準礼装、略礼装とあるように、喪服としてのブラックフォーマルにおいても正喪服・準喪服・略喪服に分けることが多いです。 レディースのブラックフォーマルには、いくつか種類があり故人との関係や参列する立場によってふさわしい装いをしなければなりません。 注意するポイントを知っていれば、マナー違反も避けられます。 最も格式ある装い「正喪服」 スタイル…和服、ワンピース、アンサンブル 素材…光沢のある生地や、透ける素材は避けて黒無地 デザイン…襟元が詰まったもの、長袖でスカート丈は長い方が好ましく、肌の露出を控えるのがマナー 葬儀・通夜・告別式から一周忌までの法要などで着用します。喪主・遺族・近親者など、個人と縁が深く、葬儀を主催する側の立場の女性が着る、最も格式ある装いです。 幅広いシーンで着られる「準喪服」 スタイル…ワンピース、アンサンブル、スーツ 素材…部分使いであれば、サテンやベロア、レースなども可能。共布のフリルなど華美にならない装飾もOK デザイン…ひじが隠れる袖丈で、スカート丈は、ひざ~ふくらはぎまでぐらいが良いとされています 葬儀・通夜・告別式から三回忌までの法要などで着用します。喪主・遺族・近親者や一般の参列者の立場など幅広いシーンで使えるレディースのブラックフォーマルです。 急な弔問・三回忌以降の法事で着られる「略喪服」 スタイル…黒以外にもグレー、濃紺などのダークカラーで、地味目なワンピース、アンサンブル、スーツ 素材…カジュアルになり過ぎない程度の素材は可能 デザイン…チェック・ストライプといった柄物も、控え目であればOKです 取り急ぎ駆けつける、急な弔問や、三回忌以降の法要などで着用できます。最近では、葬儀以外にも「お別れ会」や「故人を偲ぶ会」といったものがありこれらの式で着用するのにも向いています。 大人の女性として立場に応じたブラックフォーマルを レディースのブラックフォーマルを購入する際は、流行に左右されないデザインかどうかやスカート丈にも注意して選びましょう。 長く着られるもの、そして自身が恥をかかないためにも大人の女性として立場に応じたブラックフォーマルを見つけてください。 モノワールが販売しているレディースのブラックフォーマルには、レースなど、さりげないオシャレなデザインを取り入れています。長く愛用しやすいオーソドックスな装いでありながら上品で女性らしいコーディネートが可能です。